チューリッヒでおすすめの安いホテルとレストランは?Raclette Stubeの口コミ

スイスのチューリッヒに行って来ましたので、その旅行記も書いておこうかと思います。

筆者が宿泊したホテルは、「モンタナ チューリッヒ (Hotel Montana Zurich)」です。非常に都心部にあり、アクセスはめちゃくちゃ便利でした。

三ツ星ホテルなので、まあ最低限のクオリティの宿を安価に確保したい方にはおすすめです。なお、予約はいつもどおりAgodaで予約しました。Agodaで比較して調べられるのが一番おすすめです。

公式サイト:https://www.agoda.com/ja-jp/

なお、Booking.com経由での予約の場合には、Booking.comカードの利用がお得です。

Booking.comカードは年会費も入会金も無料ですが、予約するとポイントがたまりますので、普段Booking.comを利用されている方には発行がおすすめです。

公式サイト:Booking.comカード

チーズフォンデュでおすすめレストランRaclette Stube?

せっかくスイスにきたのでチーズフォンデュでも食べるかと、ガイドブックに載っていて、かつネット情報でも無難そうなお店の「Raclette Stube」へ行ってきました。

結論から言うと、特に行かなくてもいいかもしれません。え

約3500円のチーズフォンデュ

筆者は定番のチーズフォンデュを頼みましたが、1人につき29フランぐらいです。クオリティはこれです。まあ、チーズはうまいです。

ですが、一人で夕食を食べて4,000円(飲み物も頼んだので)は結構高い…まあ、これは確かにレストランにおじさんやおばさん(というかもっと高齢者)しかいなくなる訳です。

チーズフォンデュのメニュー

ちなみにこのお店、2人でいっても、一人29フランを払わないといけないというシステムですのでご注意を。まあ、そこそこ余裕資金がある方であれば、奮発して色々食べれば美味しいかもしれません。

日本でいう六本木あたりで食事するような感じでしょうか。さらにこのお店、18時からしか空いていません。

18時からしか空いていないので注意

もちろん安いレストランを選べばもう少し若い人たちもいますが、なんというか高そうなレストランには、「本当に高齢者しかいない」って感じでした。あまり新婚旅行などではおすすめできませんね。

ちなみにスイス在住の友人に聞いたところおすすめレストランは、zumkropfらしいです。まあでもここも結構高い…興味がある方はいってみてください。スイスの伝統料理が食べれるみたいです。

スイスのチューリッヒに関して

なんとなくメディアでは、スイスは綺麗な国みたいな良さげな報道がされてます。

ですが、実際きてみるとチューリッヒの街の道は汚いし、物価は高いし、やたら金持ちのおっさんとおばさんみたいな人が多いし…

なんだか街全体が超高齢化社会な感じで、レストランで見かける人達はほとんどシニアばっかな感じで、今の所スイスにはそんなに良い印象を持てませんでした。

というか金持ち高齢者が世界各国から集まっている?感じでしたので、相当のお金持ちならば楽しめるかも?

中国の観光バスも結構シニアな方が多かったので、それなりに資金に余裕のある方には良いのかもしれません。

そんな中、ふと世界中にあるファーストフードチェーンの「バーガーキング」のメニューをチラ見してみると、そこには衝撃の世界が待っていました。

スイスのバーガーキングは日本の約2倍の値段

どんなもんなんだろ〜とバーガーキングのメニューをチラ見してみると、まさかの安めのワッパージュニアで6.9フラン(約800円)もしました。

日本だと360円ですので、まさに2倍… そりゃあスイスの所得も高くなるわけです。

スイスは世界でもっとも国民の平均所得が高いとのデータもあるようですし、これは最低賃金や所得がそもそも高くないとやってられません。 そしてバーガーキングのセットの値段も…

ちょっと写真はボケてしまいましたが、ワッパーのセットが15フラン以上(約1800円)もしています。

ちなみに日本だと900円ですので、まさに2倍!と言えます。世界のバーガーキングさんもスイスでは値段を釣り上げているようでした。

まあ物価の兼ね合いからしょうがないんですけど、正直ファーストフードでこの値段はしびれますね…日本が安いとはいえ、なかなかスイスで外食生活は厳しそうです。

スイスのスーパーで食事を買うのが節約にはおすすめ

ちなみに、スイスのスーパーの値段は高いものもあれば安いものもあって、まあ普通でした。水とかは日本より安いかもしれません(先ほどの写真に写っている「COOP」で買えますよ)。

スイスに住んでも常にスーパー生活をしていれば、まあ大丈夫なのかもしれませんね。ちなみに日本食屋も存在して、筆者はそこでも購入をしました。

日本でも港区生活をずっとしていたら外食の値段は高くなりますが、ただ、日本はやっぱり安い外食もたくさんありますし、値段が高ければそれなりの料理のクオリティやらボリューム、サービスも良くなることが多いです。

スイスは正直単に値段だけが高いと言う点が、日本人観光客にとっては微妙かもしれません。まあ、住んで生活している人は所得も高いから良いのかもしれませんけどね…

友人に「将来はスイスに住みたい〜」と言っているバブリーな日本人がいましたが、私はあまり住みたいとは思いませんでしたね。。

社会勉強としてスイス旅行は非常に有意義でしたが、結構なお金持ちにならない限り、ここにはバケーションで来る気も特にしないなーと思った次第でした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!