ビューカードのおすすめは?ビュースイカ・ビックカメラSuica・JREカードを比較

筆者も保有しているビュースイカカード(View Suica Card)の口コミです。

筆者もビュースイカカードは保有しており、実際にApple Payにも入れて使用しているのですが、結論からお伝えすると、JRの定期券をビュー・スイカカードに入れたい人以外にはそこまでおすすめできません(笑)

それ以外の方であれば、基本的にはビックカメラSuicaカードの方がおすすめです。なぜなら年間1回の利用で翌年度の年会費524円が無料になるからです。

また、JRの駅ビル商業施設(アトレなど)をよく利用する方には還元率3.5%の「JREカード」、ルミネをよく利用する方には「ルミカード」を利用されるのが一番良いでしょう。

それではここからは、改めてビュースイカカードのメリットやデメリットなどを他のクレジットカードと比較しつつご紹介します。

ビュースイカカードのメリット

「ビュー・スイカ」カード:ビューカード

定期券を入れることができて財布がすっきりする

ビュー・スイカカードがあれば、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚で収まるために、財布の中でガチャガチャしなくても良いので、かなり便利です。

筆者もこのSuica定期券一体型クレジットカードである点がよかったので、ビュー・スイカカードを保有しています。ですが職場が変わって定期券がJRではなくなってしまったため、今ではパスモオートチャージのTokyo Metro To Me Card Primeを利用しています(笑)

入会特典として5,000円相当のプレゼントが付与

ビュー・スイカカードを新しく作ることで、入会特典として5,000円相当のポイントが付与されます。

これは期間限定なので必ず毎回というわけではないかもしれませんが、それでも最大で5,000円相当のポイントをもらえるというのは、非常にありがたいのではないでしょうか。

チャージするたびにポイントがすぐに貯まる

また、ビュー・スイカカードは、チャージするたびにポイントが簡単に貯まります。

特に、通勤でよく電車を使うという人に最適でしょう。JR東日本のみどりの窓口であったり、券売機定期券購入で購入することで、ポイントが通常の3倍も貯まるというメリットがあるのです。

ビュー・スイカカードのデメリット

年会費が524円かかる

ビュー・スイカカードを作るためには、524円の年会費がかかります。

そのため、お金をかけずにカードを作りたいという方には、年間1回の利用で翌年度の年会費が無料になる、ビックカメラスイカカードの方が良いでしょう。ただし、まだクレジットカードを持っていない人にとっては、比較的審査の通りやすいクレジットカードではありますので、その点では魅力的です。

ステータスにはならない

また、ビュー・スイカカードは18歳以上ならば基本的に誰でも作ることができるために、クレジットカードのステータスを求めている人には不向きでしょう。

ビュースイカカードにもゴールドカードの「ビューゴールドプラスカード」があるのですが、年会費1万円もしますし、国際ブランドはJCBしか選べないため、正直そんなにおすすめはできません。単純にステータスを求めている人は、他のおすすめゴールドカードを参考にしてみてください。

紛失した際に不正利用されてしまう可能性が高い

ビュー・スイカカードのデメリットとして、紛失した際に少し面倒だというのがデメリットになります。

その理由は、ビュー・スイカカードはSuica定期券一体型クレジットカードとなっているために、すぐに紛失したことを連絡しなければ、不正利用されてしまうこともあるからです。ただ、紛失したときに残っていた金額を補償してもらうことができるため、早めに連絡をすることで、損失を防ぐことができます。

ビュースイカカードの口コミ

Amazonカードの口コミはこちら

楽天プレミアムカードの口コミはこちら

ビュースイカとその他のビューカードを比較

ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード

ビュースイカ以外の代表的なビューカードには、以下があります。

  • JRE CARD(JRの駅ビル商業施設での利用で還元率が3.5%)
  • ビックカメラSuicaカード(年間1回の利用で翌年度の年会費が無料)
  • ルミネカード(ルミネでの利用で5~10%割引)

上記の中で特にルメネでもアトレでも買い物をしない方には、とりあえずビックカメラSuicaカードを利用されるのがおすすめではあります。

そのほかに、マイルを貯めるなら以下があります。

  • JALカード Suicaカード(Suicaチャージポイントが貯まり、JALマイルに移行も可能)
  • ANA VISA Suicaカード(毎年のカード継続時に1,000マイルもらえる)

ただし、イオン系列のお店をよく利用される方には、年会費無料の『イオンSuicaカード』の方がおすすめです。

イオン系列のお店をよく利用するならイオンSuicaカード

イオンSuicaカード|イオンカード 暮らしのマネーサイト

公式サイト:https://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/aeonsuica.html

イオンSuicaカードであれば、決済でたまったポイントをSuicaに交換できることに加えて、イオン系列の店舗で使うと、ときめきポイントがいつでも2倍でたまります。

さらに、毎月20日、30日のお客様感謝デーはお買い物代金が5%OFFになります。そのため、イオン系列のお店をよく使う方で、Suica一体型のカードが欲しい方はイオン Suicaカードを利用されるのが良いでしょう。

イオンSuicaカードの公式サイトへ

イオンSuicaカードの口コミへ

新しく誕生したJREカードとビュー・スイカカードの違い

JRE CARD オンライン入会キャンペーン:ビューカード

新しく誕生したJRE CARDですが、筆者も申し込みを検討していましたので違いを改めてご紹介します。

初年度の年会費が違う

ビュー・スイカカードとJREカードの違いには、初年度の年会費の違いがあります。

ビュー・スイカカードは初年度でも524円年会費がかかりますが、JREカードは初年度は無料で作ることができるため、お試しでクレジットカードを作りたい人にとってはおすすめです。

Suica定期券なしのカードを選べるのがJREカード

JREカードであれば、Suica定期券なし、Suica付、Suica定期券付の3種類の中から選ぶことができます。

ビュー・スイカカードだと最初からSuica定期券一体型クレジットカードとなっていますが、JREカードであれば、機能を3種類から選ぶことが可能です。そのため、すでにSuicaを保有している方は、Suica定期券なしを選ぶことで、財布に2枚入れておいても問題ないでしょう。

JREカードはポイントの有効期限が自動延長される

JREカードは、カードの使用、ポイントを貯めた日から数えて2年後の月末まで自動延長されます。

そのこともあって、ポイントを無駄にせずに済みます。カードを使いポイントを貯めれば貯めるほど期間が延びるため、何かとお得で便利でしょう。

ビュー・スイカカードがおすすめな方

ビュー・スイカカードがおすすめな方は、以下になります。

  • 年会費が安くて手軽に作ることができるクレジットカードが欲しい方
  • Suica定期券一体型のクレジットカードが欲しい方
  • 通勤や通学でJRによく乗る方
  • 日常生活をより便利にしたい方
  • ポイ活をしたい方

このような方であれば、ビュー・スイカカードは非常にマッチしているカードになります。

日常生活をかなり便利にしてくれるのがビュー・スイカカードです。さらには、ビュー・スイカカードはポイントを効率的に貯めることができるために、ポイントを貯めるポイ活に興味があるという方であれば、魅力的ではないでしょうか。

また、通勤や通学でJRを頻繁に利用するという場合ならば、ビュー・スイカカードは持っておいて損がありません。

ビュー・スイカカードの申し込み方法

ビューカード:VIEW's NET>オンライン入会

ビュー・スイカカードの申し込み方法は簡単ですので一緒にみていきましょう。なお、申し込む際は、運転免許証などの本人確認書類とキャッシュカードが必要になるため、用意しておいてください。

まずはビュー・スイカカードの公式サイトにアクセスし、サイトトップページに記載されている「カードの入会申込」という項目をクリックしてください。

そうするとまずは各種規約への同意を求められますので、そちらにチェックをします。その後、氏名や住所などの基本的な個人情報を入力していきます。

ビューカード:VIEW's NET>オンライン入会 (1)

そうして各種項目を入力し、オンライン口座振替を利用して、ネット上でビュー・スイカカードを申し込む手続きを行います。

インターネットバンキングを利用してればオンライン口座振替を利用できるため、こちらから書類を郵送で送る必要がないため、手間が省けます。オンライン上で必要事項を記載して問題がないと、早ければ1週間ほどでカードが自宅に届きます。

面倒な手続きなども不要であるために、かなり作りやすいのがビュー・スイカカードでしょう。ネット上で完結できるため、容易に作れるのが嬉しい点になります。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!