ソラチカカードとTokyoMetro To Me CARD primeの違いを比較!どっちがおすすめ?

最近は都内のコンビニだけでなく、飲食店などでも使えるようになっているのがPASMOです。

PASMOのオートチャージができるクレジットカードには、JCBのソラチカカードや、東京メトロのTokyo Metro To Me CARD prime、小田急ポイントカード(OPカード)の3つがあります。

そこで今回は、ソラチカカードとTokyo Metro To Me Card Primeのメリット・デメリットを比較しつつ、利用が向いている方をご紹介します。

ちなみに筆者はマイルを貯めているものの、Tokyo Metro To Me Card Primeユーザーです(笑)

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴

項目 詳細
年会費(税別) 〈本会員〉 2,000円 ※初年度無料
〈家族会員〉 1,000円 ※本会員が無料の場合、家族会員も無料
お申し込み対象 〈本会員〉 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く)
〈家族会員〉生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
旅行傷害保険
(死亡・後遺障害の場合)
〈海外〉最高1,000万円
〈国内〉ー
国内航空傷害保険 最高1,000万円
国内・海外航空機遅延保険 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
ー出航遅延費用等保険金(食事代)
ー寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)
ー寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)
ショッピングガード保険 〈海外〉年間最高100万円
〈国内〉ー
追加可能なカード ETCカード、QUICPay、ANA QUICPay+nanaco、家族カード、PiTaPa
Apple Pay 設定可
公式サイト

ソラチカカードの基本情報ですが、ソラチカカードは、JCBがANA・東京メトロと提携して発行しているクレジットカードです。

PASMOオートチャージサービスが利用できますので、PASMOを改札機にタッチするだけで、自動的にチャージ(入金)ができる設計となっています。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のメリット

ソラチカカードは、メトロポイントだけでなく、ANAマイルやOki Dokiポイントもたまる点が特徴です。また、メトロポイントとANAのマイルは相互交換が可能です。

そのため、ソラチカカードのメリットは、色々なポイントがたまりやすく、交換の融通もきく点が挙げられます。例えば、

  • 東京メトロに乗車(定期券面区間外)すると、メトロポイントが平日5ポイント、土休日15ポイントたまる
  • メトロポイントPlus加盟店でPASMO電子マネーを利用すると、メトロポイントがたまる
  • ソラチカカードで東京メトロの定期券を購入すると、メトロポイントとOki Dokiポイントがダブルでたまる

など、様々な利用方法でポイントが貯まります。

ただし、メトロポイントをためるには、メトロポイントPlusへの事前登録が必要です。事前登録は簡単に終わりますので、ソラチカカードを発行したら登録されるのがおすすめです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のデメリット

一方、ソラチカカードのデメリットは、ブランドがJCBしかない点と、年会費が2000円かかってしまう点です。

特段海外旅行などには出かけず、基本的に国内での利用だけがメインとなる場合であれば、ブランドはJCBでも良いかと思われます。ただし、海外旅行や海外出張などがある方にとっては、海外のお店ではJCBが使えないことが良くあります。

そのため、JCB以外のVISAのブランドを保有したい場合は、次にご紹介するTokyo Metro To Me Card Primeを利用された方が良いでしょう。

Tokyo Metro To Me Card Prime PASMOにはVISAとMasterCardあり

Tokyo Metro To Me Card Primeの場合は、ブランドでVISAやMasterCardを選択することができます。また、年間50万円以上のご利用で次年度も年会費が無料になります。

従って、JCB以外のブランドを利用したい方や、年間の利用金額に応じて年会費を抑えたい方には利用が向いています。

なお、公式サイトには、クレジットカードとの一体型PASMOと、別々のクレジットカードのみの場合があります。こちらから一体型のPASMOを選択し、さらにVISA/MasterCardの方のブランドを選択して申し込みをすれば、完了します。

Tokyo Metro To Me Card Prime PASMOのメリット・デメリット

Tokyo Metro To Me CARD Primeは、初年度年会費無料でPASMOオートチャージができ、東京メトロに乗るだけでポイントが貯まるクレジットカードです。

また、Tokyo Metro To Me CARD Primeの場合は、定期券購入、定期券区間外での乗車、店舗や自動販売機での電子マネー利用などによって、メトロポイントを獲得できる仕組みがあります。

さらに、貯まったポイントは、PASMOチャージやANAマイルに交換することもできます。ただし、Tokyo Metro To Me CARD Primeの場合は、ANAマイルにメトロポイントを交換することができますが、ANAマイルを貯めることはできません。

そのため、ANAマイルも同じクレジットカードで貯めていきたい方には、JCBブランドのソラチカカードを利用する方が適しています。

また、Tokyo Metro To Me CARD Primeは、原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方のみしか申し込みができませんので、高校生の方などは利用ができません。

このような特徴を踏まえて、ぜひ自分にあったパスモ(PASMO)がオートチャージ可能なクレジットカードを利用されてみてはいかがでしょうか。

パスモ(PASMO)オートチャージ可能なクレジットカードの公式サイト一覧

公式サイト(JCBのみ):http://www.to-me-card.jp/campaign/tome_ana/index.html

公式サイト(JCB・VISA・MasterCard):http://www.to-me-card.jp/lineup/tome_prime/index.html

公式サイト(JCB・VISA・MasterCard):https://www.odakyu-card.jp/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!