深セン旅行の持ち物で忘れると困る物2つと注意事項まとめ!WIFIと銀聯カードは絶対持参した方が良い

2018年の春には、友人と深セン旅行にも行ってきました。

今回は深セン旅行に行くにあたって持って行った方が良い持ち物や、行く前の事前準備や注意事項などをお伝えします。

深セン旅行での注意点と外せない持ち物

まず、深センは上海や北京などと異なり、特に空気が悪いと言うことはありませんでした。

少なくとも筆者が訪問した春の季節は特にマスクもいらず、普通に旅行をしていました。ただし、注意点としてGoogle、LINE、Twitter、Facebookなどの主要なサービスが使えません。そこで重要になるのが、VPN接続ができる海外専用グローバルWiFiです。

1. 中国旅行でグローバルwifiは絶対に忘れるべからず

グローバルwifiであれば、VPN接続という接続ができますので、中国では基本的には使えないネットサービスを利用することができます。

グローバルwifiを使わないと、友人とLINEでやり取りすることもできませんし、わざわざwechatのアプリをダンウロードしてお互いにやりとりする必要が出てきます。筆者はwechatを利用していますが、人によっては中国のSNSを利用したくない人もいるかもしれませんので、基本的にはグローバルwifiでVPN接続するのがおすすめです。

なお、グローバルWifiは空港で受け取りができて、帰りも空港で返却ができますので、特に荷物にもなりません。ただし、受け渡しが混んでいる場合がありますので、少し早めに行かれることをお勧めします。

公式サイト(グローバルwifi):海外専用グローバルWiFi

グローバルwifiを中国で利用した口コミはこちら

2. (2019年12月追記)中国旅行で銀聯カード+キャッシュは必須

さらに、中国旅行ではWechatPayが使えれば相当便利なのですが、中国の銀行口座がない限り通常の日本人は使えません。そこで便利なのが銀聯カードです。

銀聯カードは三井住友VISAカードを発行するときに、合わせて年会費無料で発行できるのですが、一般的な三井住友VISAカードは年会費がかかります。そこで年会費無料で手に入れる方法としては、年会費無料のBooking.comカードを発行して、同時に年会費無料の三井住友銀聯カードを発行する方法です。

筆者はこの方法で銀聯カードを上海旅行に持参しました。

深セン旅行前にはDidiTaxiのダウンロード必須

また、深セン空港に到着した後の移動では、diditaxiと言うアプリが便利です。

こちらはUberや日本でいう全国タクシーのアプリの中国版で、中国人はタクシー配車ではこれを使っています。diditaxiは英語でも利用が可能ですので、事前に日本でダウンロードしてクレジットカードを登録しておけば、中国での移動にも困りません。

ただし、タクシー運転手が中国語しか話せない場合もありますので、基本的には電話ではなくテキストベースでやりとりするのがおすすめです。

(2019年12月追記)現在ではdiditaxiの中国版が使えなくなっていましたので、外国人向けに決済を解放しているAlipayをダウンロードされて準備されるのがおすすめです。

深セン旅行前には携帯のモバイルバッテリー充電機も準備を

それと、意外と忘れがちなのが携帯のバッテリー充電器です。

そして注意しないといけないのが、こちらは手荷物に入れておくということです。実は以前筆者は北京トランジットの時に、大きな荷物にバッテリーを入れて置いたら募集されてしまいました。中国旅行の際には、バッテリー関連は手荷物に入れておくのが良いでしょう。

ちなみに筆者のおすすめはAmazonで購入できるモバイルバッテリーです。ちなみにモバイルバッテリーを持っておけば、Wifiの充電もできますので、携帯のみならず命に関わるWifiの充電ができる状態というのは重要です。

深センでの無人シリーズを見て思うこと

なお、深セン旅行ではビジネスツアーに参加したのですが、無人コンビニや無人ジム、無人カラオケなどの視察もできて非常に充実しておりました。

「無人コンビニ」と聞くとすごい様に思うのですが、実際に現地を見ると大したことなかったり、あまり流行らないのかもなあと思ったり。。これまでも海外ではセルフレジのスーパーなどがたくさんありましたが、日本にもその波はいずれ来ることでしょう。

今も東京ではコンビニの店員さんに外国人が増えていますが、なかなか日本人の若いアルバイトが捕まらないのが実情なのでしょう。そのうちオペレーションの問題的にも、コンビニがセルフレジ化して行く流れは逆らえないのかもしれません。

ユニクロのGUなどはすでにセルフレジが導入されていますし、じわじわとこの波は波及していきそうですね。

深セン旅行の感想と旅行時の注意点まとめ

人民元

深センは東京より進んでいる部分もあれば、まだまだ発展途上な部分も多い都市でした。

中国では上海、北京に次ぐ第三の都市であり、今後とも発展が見込まれてはいますが、実際のところはまだ東京の方が住みやすいかなといった感じです。しかし成長速度は著しく、huaweiなどもスマートシティ構想を実現しようとしているようですので、数年後は見違えるような都市になっている可能性もあります。

なかなかエキサイティングな都市であることは変わりありませんので、距離も近いですので、ふらっと2~3日で訪問してみてはいかがでしょうか?

いずれにせよ、深セン旅行に行く場合は、マスクよりもwifi(VPN接続できるやつ)や銀聯カードがマストかと思われます。グローバルwifiであれば空港で受け渡しができますので、深セン旅行を予定されている方は、利用されて見てくださいね。

海外専用グローバルWiFiの申し込みはこちら

銀聯カードを発行できるBooking.comカードの発行はこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!