深センで日本人におすすめホテルの深セン粤海酒店(グゥアンドンホテル)に泊まった感想

深センにはビジネス系のツアー旅行に参加したのですが、今回はその時に記録を残しておきます。

中国の深セン旅行で筆者が泊まったホテルは深セン粤海酒店(グゥアンドンホテル)です。英語表記ですと、GUANG DONG HOTEL SHENZHENで、日本人にはおすすめの定番ホテルのようです。

筆者はツアーで参加したので今回は自分で予約していた訳ではありませんが、ホテル予約サイトのAgodaでも簡単に予約することができます。Agodaで予約するとポイントがたまっていきますのでおすすめです。

ちなみにこちらのホテルの場合は近くに日本料理屋もありますし、ショッピングセンターもあり、立地的にもおすすめです。

深セン粤海酒店(グゥアンドンホテル)は日本人におすすめ

以前の深セン旅行では、こちらの写真にある「グゥアンドンホテル(深セン粤海酒店 / GUANG DONG HOTEL SHENZHEN)」に泊まりました。

上記は朝食会場ですが、普通に朝食内容も美味しかったです。部屋は下記のような感じで、ひとり旅や出張、友人との旅行レベルでは快適かと思います。

ひとり部屋も快適

入ると鶴の折り紙がおいてありました(笑)

この辺りでも日本人対応している感がありますね。日本語は不自由なく受付の人が話せますので、困ることは正直なかったです。

まあ、部屋のクオリティはそこそこなのですが、とにかく立地がよく、近くに日本料理屋もあったりと、立地としては非常に良いです。

日本料理屋が近くにある

少し歩くと焼肉屋さんがあったり、日本の居酒屋(日本語を話せる店員)みたいなお店もあります。

筆者は友人と日本の居酒屋の「久喜」に繰り出しましたが、味は完全に日本クオリティでした。獺祭などもおいてあり、完全にここは日本かと思いました笑

店員さんも日本語を話せましたので、非常に楽しいスポットな気はします。

深センは個人で旅行に行くのもありですが、最近は深セン視察ツアーも流行っているようですので、ビジネス関連の視察をしたい方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

深センの日本料理屋「久喜」の魅力を紹介

ちなみにこの日本料理屋の久喜ですが、めちゃくちゃクオリティ高かったです。

棚にはこんな感じで日本酒の「獺祭」やら「八海山」やら、有名な銘柄がぞろぞろと置いてあります。

日本酒好きにはたまりませんね。個室の中には定番の日本の塩などがあったり落ち着く感じでした…

日本の塩なんかも置いてあります。

また、驚いたのが久喜では、こちらのタッチパネルで注文できる方式になっていた点です。

味も全然日本とは変わらないクオリティで、なによりメニューに画像が載っているのが嬉しい限りですね。タッチパネルのメニューには値段も載っていますので、中国語ができなくても心配いりません。

さらにこのお店には日本語ができるスタッフもいましたので、困ることはありませんでした。ちなみに筆者はここで色々と頼みましたが、こんなしいたけなんぞもあります。

帰りは定番の山崎のウイスキーを横目で見つつホテルに戻りました。若干食べ過ぎましたね。

こちらの日本料理屋の久喜は、深セン粤海酒店(グゥアンドンホテル)から歩いていける距離にありますので、何日か滞在する人にはおすすめです。

普通の日本の美味しい居酒屋と変わらないクオリティで、お酒を楽しむことができます。久喜については今のところそんなに日本語で情報がないようでしたが、引き続き運営しているみたいです。

深セン粤海酒店(グゥアンドンホテル)に滞在した際はのぞいて見ても楽しいかもしれません。

>>GUANG DONG HOTEL SHENZENの予約はこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!