上海で現金は使える?使えない?両替は必要?旅行経験者が徹底解説

先日中国の上海に友人と行ってきましたので、その際のキャッシュレス事情をお伝えします。

上海旅行に現金は絶対に持っていった方が良い

まず結論としては、現金は絶対に持っていった方が良いです。

ちなみに筆者は2泊3日で大体2〜3万円程度持参した感じですが、現地に友人がいたので結構wechat payで払ってもらい、後から立て替えていました。しかしこのwechat payが曲者ですので注意が必要です。

中国の銀行口座がないとwechat payを使えない

と言いますのは、中国の銀行口座を保有している場合はWechat Payと連携させて、ほとんどWechat Payで支払うことができますが、一般の日本人は中国の銀行口座を保有していませんので使えないのです。

Wechatのチャット機能自体は利用することができるのですが、支払い機能を利用することができないのです。また、中国旅行ではtaxiは必須です。

ですが、タクシー配車アプリのdidiの支払いにもwechat payの連携が必要だったため、didiも現地で利用することができませんでした。そのため、タクシーも現金払いでした。

上海のタクシーで使えるのは現金がほとんど

上海のタクシーで使えるのは、現金がほとんどです。もちろんwechatpayやalipayは使えますが、apple payや銀聯カードが使えるタクシーはそこまで多くありませんでした。

通常のクレジットカードは使えないので注意が必要です。

ただし、最近では外国人にもようやくalipayが使えるようになったというニュースがありましたので、日本でダウンロードして登録しておくと良いと思われます(筆者は今回は使えず)。

銀聯カードは中国のいろんなところで使えるので便利

ちなみに筆者が今回持参したクレジットカードは、日本で発行した銀聯カードです。なんと暗証番号を忘れて使えなかったのですが(泣)、銀聯カード自体を使える場所は上海でも多かったです。

ちなみにこちらの暗証番号は、6桁のようです。前に00を入れてそのあとに4桁の暗証番号を入力することで使えますので、旅行に行かれる方はその点を覚えておくと良いでしょう。

銀聯カードは公式サイトにも2000万店以上のお店で利用できると書かれていますが、実際にショッピングモールや観光スポット以外のお店でも使うことができました。ただし筆者のように暗証番号を忘れると使えませんので、その点だけは注意しておきましょう。

銀聯カードの発行方法は簡単で年会費も無料

銀聯カードの発行方法は簡単で、筆者の場合は年会費無料のBooking.comカードの申し込みと一緒に行いました。申し込みの途中で銀聯カードの選択ができますので、筆者は合わせて申し込んでおきました。

銀聯カードも年会費無料ですので、中国旅行に行く場合は持っておいて損はありません。というより一般的なVISAやMasterCardのクレジットカードが使える場所が本当に少ないです。

一部のショッピングモールや有名な観光スポットなどでしか、日本で使っているクレジットカードは使えないと考えた方が良いでしょう。以前に筆者は天津旅行にも行ったのですがその際にも同じ現象で、中国はキャッシュレス社会に見えて日本人のような外国人観光客には全然キャッシュレスじゃないというのが実態です。

なお、銀聯カードは、通常の三井住友VISAカード(https://www.smbc-card.com/)との申し込みで合わせて申し込むことも可能です。筆者の場合は三井住友VISAゴールドカードも今回は持参しました。

観光スポットやショッピングモールなどでは利用することができましたので、銀聯カードと合わせて持参されるのは良いでしょう。

中国での日本円の両替スポットに関して

ちなみに中国での日本円の両替に関しては、筆者の場合はホテルで両替していました。どこかでわざわざ両替するのがめんどくさかったので便利でした。

実際のところレートもそんなに悪くなく、何より日本語が通じて安心感がありました。ちなみに筆者が泊まったのはオークラガーデンホテルで、めちゃくちゃ便利でしたので、ひとり旅や出張、家族旅行などにも非常におすすめです。

オークラガーデンホテル上海が快適なのでおすすめ

5つ星ホテルですが他の5つ星ホテルよりも若干値段も安く、朝ごはんも美味しいですし、日本語も通じますし、ホテルのカウンターで両替もできますし、三越のお店でお土産も買えます。

さらにタクシーのおじさんに言ったら大抵わかるのでホテルへの帰路も簡単ですし、帰国の際には空港まで安全に送ってくれます。

チェックアウトは12時ですが荷物を預かっててくれますし、至れり尽くせりでした。ちなみに立地も良いので近くには観光スポットもあり、ショッピングや散歩にも最適です。

オークラガーデンホテル上海はAgodaで予約

今回も筆者はオークラガーデンホテルは予約サイトのAgodaで予約しましたが、なんの問題もなく予約を取れていました。以前の北京旅行で予約ができていないことがありましたが、あまりにもローカルなホテルを予約してしまったせいだなと反省したので笑、今回は日本語が通じるホテルにしたら大成功でした。

ちなみにホテルのチェックインの際にはクレジットカードでデポジットを求められますが、チェックアウト時には解消されますのであまり気にしなくて問題ありません。ぜひ皆さんも上海旅行に行った際には利用してみてくださいね。

オークラガーデンホテルの予約はこちら

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!