ロシア旅行ブログの続き!ツアーでサンクトペテルブルクとモスクワに訪問

ロシア個人旅行記の続きです。

今回は阪急交通社の5日間のツアーに春に参加しましたが、実は参加前はロシアというと国に対するイメージがそもそもあまりありませんでした。

なんとなくロシアに行ってみたいなということで、モスクワとサンクトペテルブルグの違いさえ良くわからず、今回ロシアへ旅立っていました。

ちなみにツアーに参加する場合、阪急交通社ならまあ一人でも大丈夫です。シニア層が多いですが、下は学生から40代ぐらいで一人参加の方もいました。

一番人気なのはやはり夏の季節のようで、この際には宮殿も混んでいるみたいですね。

公式サイト(阪急交通社):http://www.hankyu-travel.com/

モスクワは都会的な街でサンクトペテルブルグは伝統的

結論としてはモスクワは都会的、サンクトペテルブルグは超ヨーロッパで伝統的って感じです。

個人的には頭でっかちに色々知っているよりも、実際に行って見た方が得られるものは多い気がするので、思い立ったらすぐに行動しちゃう派です。

もちろん歴史的な背景などを知っていた方がより旅行は楽しめたりするのでしょうが、ツアーで行けばガイドさんが色々教えてくれますので、まあ大体そうなんだ〜となるような気はします。

モスクワとサンクトペテルブルグの違い

モスクワにはビルやショッピングセンターなんかもあって、経済成長を感じられる地でした。 サンクトペテルブルグはヨーロッパへの窓口ということもあり、中心地にそういう建物はありません。

正直なんとなく街全体が暗い雰囲気というか、そんな雰囲気を感じました。まあ夏に訪問したらだいぶ違うのかもしれませんが。

ただ、サンクトペテルブルグの方が伝統的な感じがあるので、そういうのが好きな人にはささりそうです。 「ヨーロッパ建築が大好き!」みたいな方は、サンクトペテルブルグの方が楽しめそうな気はしますね。

まるでおとぎ話の世界?モスクワのクレムリンは凄かった

ちなみに、有名なモスクワのクレムリンですが、こんな建物が普通に世界には存在しているんだな〜というのはなんだか不思議な感じでした。

また、余談ですがこちらの写真らへんを観光していた時、観光ガイドは中国語と韓国語しかなく、日本とロシアの遠さを再び感じました(笑)

なんというか、今回は日本とは全然違う雰囲気を感じられた旅でしたね。 ちなみにクレムリンの近くにはショッピングセンターというかデパートもあります。

デパートに入って久々にアメリカっぽさを感じましたが、至る所にロシア語・英語・中国語の併記が見受けられました。 もちろん有名な観光バスも併記です。

ロシアで感じる中国

なんというか、ロシアに来たらひたすら「中国」を感じざるを得ないという感じです。 今まで東南アジアを旅行していてここまで中国を感じたことは無かったのですが、ロシアでは度々中国を感じました。

特に店員さんやすれ違う現地の人に中国人が多いとかっていう訳ではなかったんですけど、とにかく結構いろんなところで中国語を見かけるという印象です。

店員さんに関しては、むしろまさに日本人がイメージする白人金髪美女だらけでしたが、中国人観光客の取り込みはすごいなあ〜という感じでした。

まあ国同士の関係性とかもあるのかもしれませんけどね。

ロシア土産には定番のチョコレートがおすすめ

ちなみにこちらはロシアのお土産で有名なチョコレートです。クレムリンの近くのデパートで購入できます。定番のチョコレートらしいのでお土産には良いと思います。

色々と総じて不思議な国だなあと感じたロシアですが、機会があれば日本から近いウラジオストックあたりにも、いつか行ってみたいと思わされた旅でした。

ウラジオストックは日本からも確か3時間ぐらいでつくはずなので、サンクトペテルブルグの9時間ぐらいのフライトよりも全然楽な気がします。

海外旅行は楽しいのですが、いかんせんフライトが毎回辛いですね。まあクレジットカードを作ればマイルを貯める楽しみができますが。

広大な土地を持つロシアの日本よりの地域はどんな感じなのか?、ちょっと気になるところではあります。いつかウラジオストックに一緒に行ってくれる人がいれば、ぜひ行って見たいところです。

それではロシア旅行記はこの辺で。サンクトペテルブルグとモスクワに行くには阪急交通社の弾丸ツアーは普通におすすめですよ。

公式サイト(阪急交通社):http://www.hankyu-travel.com/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!