年会費無料リクルートカードはおすすめ?海外旅行保険は利用付帯なので注意

海外旅行に持参しておくと良いクレジットカードとしておすすめの一つが、リクルートカードです。

リクルートカードは、ブランドをJCB/VISA/MasterCardから選べることに加えて、基本の還元率が1.2%と高く、最大5%まで上がる年会費無料のクレジットカードです。

年会費無料のリクルートカードの特徴と概要をわかりやすく紹介

公式サイト:https://recruit-card.jp/

リクルートカードの概要をまとめると以下になります。

  • 国際ブランド:VISA、JCB、MasterCard
  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:1.2%
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:年間200万円(海外・国内ともに)

リクルートカードでは冒頭でもご紹介したようにブランドを選ぶことができます。基本的に海外旅行ではJCBが使えないことが多いため、VISAかMasterCardを選択されるのがおすすめです。

リクルートカードを使って貯まるポイントは、リクルートポイントになります。

1ポイント=1円換算となり、通販・ショッピングサイトの「ポンパレモール」や、宿・ホテルの予約サイト「じゃらん」、ヘアサロン&ビューティサロン予約サイトの「Hot Pepper Beauty」、飲食情報サイト「ホットペッパー グルメ」等のサイトで利用が可能です。

年会費無料のリクルートカードのメリットについて

公式サイト:https://recruit-card.jp/

リクルートカードには年会費が無料なことや旅行保険が利用付帯で付いていること以外にも、色々なメリットがあります。

還元率が高いためポイントが貯まりやすく使いやすい

また、還元率が高いです。1.2%という高還元率ということもあって、例えば、5,000円の商品を購入すれば60円分のポイントが付与されます。

また、リクルートポイントを利用できる範囲はとても広く、貯まったポイントで旅行の予約に使えたり、光熱費や携帯電話料金の支払いであったり、数多くのお店でも使えます。

新規発行で8,000円分のポイントがプレゼントされる

リクルートカードを新規発行することにより、8,000円分のポイントがプレゼントしてもらえます。通常は最大6,000円分のところが、キャンペーン中に限り8,000円のポイントをプレゼントしてもらえます。

他のポイントにも交換できてマイルを貯めることができる

Pontaカードのポイントに交換することができます。このポイント交換を通じてマイルを貯めることもできます。さらに、Pontaの提携店舗で交換したポイントを活用することも可能です。

年会費無料のリクルートカードの利用がおすすめな人について

公式サイト:https://recruit-card.jp/

リクルートカードは、ポイントを貯めることが好きな方や、リクルート関連のサービス(じゃらんやHotpepper Beautyなど)を利用されている方や、Pontaポイントを使っている方には特におすすめです。

リクルートカードであれば、基本が1.2%の還元率ですし、貯まったポイントはPontaポイントや旅行の予約にも使えるというメリットがあります。Pontaポイントからマイルに交換することができますので、マイルをためているかたにもおすすめです。

年会費無料のリクルートカードのデメリット

一方で、リクルートカードにもデメリットはあります。

まず、リクルートカードは年会費無料にもかかわらず還元率が高い魅力的なクレジットカードですが、「クレジットカードだと使いすぎてしまいそうで怖い…」という方には不向きです。

使いすぎてしまうのが不安な方にはプリペイドカードがおすすめ

そのような方は、事前にクレジットカードにチャージして、その分を使う形式のプリペイドカードのマネパカードなどの方が向いているでしょう。マネパカードはリクルートカードと同じく年会費無料のプリペイドカードです。

海外のお店の決済手数料が安いことが特徴で、国内ではMasterCardのお店で通常のクレジットカードと同じような使い方が可能です。筆者も海外旅行をする際にはマネパカードは常に携帯しています。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードの詳しい口コミへ

イオンカードのようなお客様感謝デーなどの日がない

リクルートカードには、例えばイオンカードセレクトのように、毎月20日・30日「お客さま感謝デー」などの特典がありません。イオンのお客様感謝デーでは、イオンカードのクレジット払いか電子マネーWAONをイオングループ各店舗で利用すると、お買い物代金が5%OFFになります。

また、通常時もイオン系列の店舗で買い物をすると、「ときめきポイント」を2倍もらえます。リクルートのサービスよりもイオン系列の店舗やサービスを利用される方は、クレジットカードと電子マネーとキャッシュカードが一体型になったイオンカードセレクトはおすすめです。

イオンカードセレクトの詳しい口コミへ

海外旅行保険は利用付帯

リクルートカードの海外旅行保険は利用付帯なので、その点には注意が必要です。

ただし、90日以上滞在する方にとっては、リクルートカードはゴールドカードでなくても十分な海外旅行保険がついていますので、その点はコスパが抜群だと言えるでしょう。

Pontaカードを使いたい場合は別途作成が必要

リクルートカードをPontaポイントに交換することは可能なのですが、元々これらは別々のカードです。そのため、Pontaカードを使いたい場合は、別途作成する必要があります。

リクルートカードの利用がおすすめできない人について

クレジットカード

リクルートカードをおすすめできない人ですが、基本的にはリクルート関連のサービスを利用されていない方や、そもそもクレジットカードの利用に不安がある方でしょう。

リクルートカードは年会費無料で作ることができますし、高還元率でポイントを貯めやすいという魅力があるのですが、クレジットカードが苦手という方にはマッチしていないかもしれません。そのような方は、さきほどもご紹介したマネパカードのようなプリペイドカードを利用された方がよいでしょう。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードの口コミへ

一方で、じゃらんやホットペッパー、ボンパレモールなどのサイトをすでに利用されている方や、年会費無料のクレジットカードを探している方には、リクルートカードはおすすめです。

リクルートカードのお申し込み方法(無料)

リクルートカードの申し込み方は簡単です。まずはこちらからリクルートカードの公式サイトに移動します。

その後、リクルートカードの公式ページの下部にあります、「カードのお申し込みはこちら」という項目をクリックしてください。

リクルートIDの新規登録

そうすると、リクルートIDをまずは作ることが求められます。リクルートIDを持っていない場合は、新規会員登録をしてIDを作りましょう。

普段利用するメールアドレスを指定項目に入力し、間違いがなければ送信してください。すると、仮登録メールが送られてくるので、必要事項を記入し本登録を済ませば、カードの発行手続きへと進みます。すべて完了すれば、無事リクルートカードの申し込みが完了し、リクルートカード発行手続きができます。

年会費無料で高還元率

リクルートカードの発行は公式サイトから簡単に済ますことができます。年会費無料なのにも関わらず便利でコスパも良いのがリクルートカードなので、一枚作っておいて損はないでしょう。

公式サイト:https://recruit-card.jp/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!