楽天カードとエポスカードの併用は可能?筆者の実際の使い方や違いも紹介

筆者は楽天カードもエポスカードも年会費無料のため保有していますが、両方の併用は可能です。

今回は楽天カードとエポスカードのメリットとデメリットを整理し、それぞれの違いや併用の仕方などをご紹介します。

エポスカードにはない楽天カードのメリット

楽天カードのメリットには以下があります。

年会費無料でポイントがめちゃくちゃ貯まる

まず、年会費永年無料なのでコストかかりません。また、新規入会時に、条件ありますが、最大5000円から7000円分のポイントが貰えます。

さらに、年に一度でも楽天カードを利用すると、ポイントは実質無期限で貯めることが可能です。国内最大級のネットショッピングモール、楽天ショッピングでの買物すべてに、他のカードと比べてポイントが2倍で付与します。

楽天カードでの積立投資が可能

さらに、楽天カード決済で積立投資ができます。こちらは楽天証券にも口座開設は必要になりますが、毎月5万円まで楽天カードクレジットカード決済で積立投資ができます。

筆者もこれを使って投資信託の積立投資を行いつつ、楽天ポイントをためています。さらに貯まったポイントを使って投資ができるため、一石二鳥です。

楽天ふるさと納税が最強の還元率

さらに、年末が近づいてくると楽天ふるさと納税が便利です。

楽天カードや楽天銀行、楽天証券などの楽天のサービスを利用していると、ふるさと納税をした時に、ポイントが最大数十倍にもなって還元されます。実際のふるさと納税の還元率は2割程度かと思いますが、楽天ふるさと納税であれば、それに加えて楽天スーパーポイントがめちゃくちゃ貯まるのです。

筆者も今年は楽天ふるさと納税を使って、楽天スーパーポイントを貯めようと考えています。このような使い方はエポスカードにはできない使い方です。

楽天カードの公式サイトへ

楽天カードの口コミへ

楽天カードのデメリット

一方で楽天カードのデメリットには以下があります。

  1. ETCのカードは有料(税込み500円)
  2. 海外旅行損害保険は使えるが、楽天カードで一部でも支払いをしておかないと使えない
  3. 発行されて手元に届くまで時間がかかる(審査は一週間程度)
  4. 楽天カードコールセンターがなかなか繋がらない(呼び出しコール15分程度)

上記はそこまで大きなデメリットではありませんが、海外旅行によく行かれる方などは、楽天カード以外のクレジットカードも保有しておいた方が無難です。

楽天カードにはないエポスカードのメリット

エポスカードは、楽天カードとは異なり海外旅行保険が自動付帯です。そのためその点でも併用すると便利です。

また、マルイでの買い物でお得です。

マルイでのショッピング(マルイネット通販も含む)は10%割引ですし、マルイ内の店舗で年に4回ある「マルコとマルオの7日間」期間中は、何度でも10%引きになります。

また、優待割引の店舗があります。イオンシネマ、ユナイテッド・シネマなど、ビックエコーやSHIDAXのカラオケなどは30%引きです。

さらに、エポスカードポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由して商品を購入すると、最大30倍のポイントが手に入ります。電子マネーEdyチャージでもポイントをゲットできますので、エポスカードのポイントは貯まりやすいです。

通常のカードの発行料に500円プラスすると、好きなデザインのカードが70種類から選べますので、カードの柄にこだわりたい方にはおすすめです。

エポスカードのデメリット

一方でエポスカードのデメリットは以下です。

  • マルイで買い物をしない、シネマやカラオケなどに行かない場合はあまりお得感がない
  • 国内旅行傷害保険が付与されていない
  • ショッピング保険が付与されていない
  • カード一括払いのみだと、明細書に発行手数料がかかる
  • 国際ブランドがVISAのみ
  • 家族カードが作れない

上記のデメリットで大きなところは、国内旅行傷害保険やショッピング保険の部分でしょう。保険に関しては、年会費無料のクレジットカードではリクルートカードが充実しています。

エポスカードと楽天カードの違い

新規入会ポイント

エポスカードは2000ポイントで、楽天カードは最大5000ポイントから7000ポイントです。

ETCカード

エポスカードはETCカードが無料ですが、楽天カードはETCカードは有料です。

海外旅行損害保険

エポスカードは、海外旅行損害保険が完全自動付帯です。海外旅行先にカードを持参する必要もなく使う必要もありません。一方、楽天カードは一部でも旅行代金を支払いで使用しておかないと使えません。

還元率

エポスカードの還元率は0.5%ですが、楽天カードの還元率は1%です。

家族カード

エポスカードは家族カードが作れませんが、楽天カードは家族カードが作れます。

発行スピード

エポスカードの発行スピードは即日ですが、楽天カードの発行スピードは一週間程度かかります。

国際ブランド

エポスカードはVISAのみですが、楽天カードは選べます。

エポスカードがおすすめなのは、こんな方

  • マルイ(マルイのネット通販)が大好きで近くに店舗があり、ショッピングをよくする方
  • エポスカードの指定する映画館や指定するカラオケボックスを良く利用する方(イオンシネマ、ユナイテッド・シネマなど、ビックエコーやSHIDAXのカラオケなど)
  • アルバイトでもパートでも良いので一定の収入がある方(審査に通る為に必要です)
  • 海外旅行損害保険が高額補償なので、よく海外旅行に行かれる方(ただし90日以上の海外長期滞在になると補償がつきません)
  • 90日以内で留学を検討している学生の方
  • ポイント還元率が0.5%で低めなので、メインカードと二枚持ちするサブのカードとして利用する方

楽天カードがおすすめなのは、こんな方

  • 初めてのクレジットカードを作る方
  • 年会費が無料でポイント還元率が1%のクレジットカードが良い方
  • 楽天でショッピングをよくする方
  • 楽天関連のサービスを使っている方
  • クレジットカードで積立投資をしたい方
  • マクドナルド、ミスタードーナツなど、楽天ポイントが貯められる店舗をよく利用する方
  • ステイタスを気にしない方

楽天カードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!