楽天プレミアムカードはいらない?評判は最悪?メリットない?楽天カードと比較

筆者は通常の楽天カードホルダーです。

そこで通常の楽天カードから、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードに切り替えるべきかを悩んでいましたので、楽天プレミアムカードについて詳しく調べてみました。

結論からお伝えすると、今の所は年会費無料の楽天カードで十分かなという結論になりました。年会費1万円を払ってまでも取得するメリットが、正直な所あまりないという判断です。

楽天プレミアムカードではそこまでステータスにもなりませんので、単純にゴールドカードのステータスが欲しい場合は、30代以上なら三井住友VISAゴールドカード、20代なら三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめです。

ただし、楽天ブラックカードの発行を狙うのであれば、楽天プレミアムカードの発行は必須と言えるでしょう。

楽天プレミアムカードとは?どのような特徴のクレジットカード?

楽天プレミアムカードは、楽天カードと同じく楽天カード株式会社が発行しているカードで、海外旅行に関するサービスが充実しています。空港のラウンジを無料で利用できる上に、付帯保険も充実しているカードなのです。

対応している国際ブランドは、VISAとMasterCardとAmexとJCBになります。基本的にVISAかMasterCardを選択しておけば世界中のどこでも利用することができます。

プレミアムカードの年会費は有料で、本会員の場合は年間1万円、家族会員は500円です。ただし、ETCカードは無料になります。

カードが発行された時点での限度額は最高300万円であり、カードのデザインも選べるようになっています。プレミアムカードを発行するためには審査も受ける必要がありますが、満20歳以上であれば申し込み可能です。

専業主婦や学生でも発行できる有料のクレジットカードになります。

楽天プレミアムカードの良い評判

楽天プレミアムカードの悪い評判

楽天プレミアムカードのメリット

クレジットカード

楽天スーパーポイントが貯まる

まず、楽天プレミアムカードに限らず、楽天には楽天スーパーポイントというサービスがあります。

楽天スーパーポイントは楽天市場や楽天ペイなどで買い物に使用できることに加えて、楽天証券では投資信託や株の購入などにも利用することができます。筆者もポイントを利用して投資信託を購入しています。

さらに、楽天証券では楽天カードのクレジットカード決済で投資信託の積立投資ができます。これを行うと、積立投資のクレジットカード決済で楽天ポイントが貯まり、そのポイントで投資ができるお得な仕組みを構築できます。

楽天スーパーポイントの有効期限を延長することができる

楽天プレミアムカードで貯めたポイントにも、有効期限はあります。

ですが楽天スーパーポイントは、有効期限を引き伸ばす事もできるのです。プレミアムカードを年1回使用した場合、自分が保有している全てのスーパーポイントの期限を延長できます。

そのため、楽天プレミアムカードであれば実質利用期限を無期限にする事もできます。

空港のラウンジが使えるプライオリティパスがもらえる

楽天プレミアムカードを持っていると、様々な空港のラウンジを無料で利用できます。

さらに、世界中のラウンジが無料で使えるプライオリティパスの発行も可能です。プライオリティパスは通常発行しようとすると年間4万円以上の費用がかかりますので、これだけでもお得と言えます。

海外旅行保険やショッピング保険が充実している

海外旅行の付帯保険も充実しています。ショッピング保険に関しても、プレミアムカードで商品を買った日から数えて90日間は保険が適用され、補償金額は最大300万円になります。

楽天プレミアムカードのデメリット

クレジットカード

プライオリティパスの更新は自動更新ではない

プライオリティパスには使用期限があります。

ずっと使い続けられる訳ではなく、更新の期限が近づきますとメールで通知されますが、再度申し込みの手続きを行わなければなりません。自動的に更新手続きが行われる訳ではないので、若干手間がかかります。

海外キャッシングの返済方法がリボ払いのみ

また、楽天プレミアムカードには海外キャッシングの機能もありますが、返済方法はリボ払いに限定されます。

状況によっては、返済手数料が若干高めになってしまうデメリットがあります。リボ払い以外の返済方法にしたい時は、設定を変更しなければなりません。

楽天プレミアムカードは還元率が1%と高くはない

さらに、楽天プレミアムカードは実店舗で買い物する時の還元率が低いです。

現時点での還元率は1%で、楽天市場での買い物の場合は3%になります。楽天市場を特に使う訳ではない方にとっては、年会費無料でデフォルトの還元率が1.2%のリクルートカードの方が還元率の面ではお得です。

そのため、筆者は楽天関連のサービスでは楽天カードを使うのですが、リクルート関連のサイトのサービスを使う時には、リクルートカードを使うようにしています。こうするとさらにお得にポイントが貯まるため、積極的に使い分けを行なっています。

公式サイト:https://recruit-card.jp/

30代以上には三井住友VISAゴールドカードがおすすめ

また、筆者が利用している30代以上向けのゴールドカードの三井住友VISAゴールドカードの場合は、通常の還元率は0.5%ですが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドなどでポイントが5倍になります。

あらかじめネットで対象店舗を3つ選んで、そこのお店でクレジットカードを利用するとポイントアップの優待を受けられたり、日々の生活に適した形でポイントをお得に貯めることができるのです。

年会費はデフォルトは1万円(税別)でですが、ネットからの入会で初年度年会費無料で、WEB明細書の発行を選択することなどで年会費を割引することができます。

その他、空港ラウンジサービス、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険、300万円限度のショッピング保険、医師へ無料で医療電話相談できる「ドクターコール24」などのサービスも付帯しています。

公式サイト:https://www.smbc-card.com/

楽天カードと楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの主な違い

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 永年無料 2,000円 10,000円
還元率 1% 1% 1%
還元率(楽天市場) 1% 2% 3%
国内旅行保険 なし なし 最高5000万円
海外旅行保険 最高2000万円(利用付帯) 最高2000万円(利用付帯) 最高5000万円(自動付帯)
家族カード年会費 無料 500円 500円
プライオリティパス なし なし プレステージ会員発行可能

楽天カードと楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは上記のような違いがあります。

大きな違いは保険の金額や楽天市場での還元率、プライオリティパスなどの付帯サービスです。また、楽天ブラックカードを狙うのであれば、『楽天プレミアムカードが一番おすすめというのは間違い無いです。

楽天プレミアムカードはプライオリティパスの発行が可能

PriorityPass

楽天プレミアムカードには、プライオリティパスというサービスがあります。

このプライオリティパスは通常申し込むと4万円以上のコストがかかるのですが、楽天プレミアムカードや、年会費2万円のセゾンプラチナビジネスアメックスなどのクレジットカードを保有していると無料で発行できます。筆者はセゾンプラチナビジネスアメックスホルダーなので、そちらで申し込みました。

世界中の空港にはラウンジという空間があって、飲料や軽食などを満喫できるようになっているのです。ラウンジには無料WiFiや電子機器を充電できるサービスもありますが、その空間に入る為にはプライオリティパスが必要なのです。

楽天ゴールドカードの場合、そのラウンジに入る為のパスは発行されません。しかしプレミアムカードであれば、そのパスは無料発行されるのです。

羽田空港のパワーラウンジはプライオリティパスで入れない

ただし、筆者がこないだくつろいでいた羽田空港のパワーラウンジは、プライオリティパスでは入ることができませんので注意が必要です(上述の三井住友VISAゴールドカードでしたら可能です)。

また、プレミアムカードとゴールドカードには、旅行保険に関する違いもあります。どちらのカードも旅行先にて使用できますが、付帯保険はプレミアムカードの方が充実しているのです。

ちなみにゴールドカードには国内旅行用の付帯保険はありませんが、プレミアムカードなら国内旅行に対する傷害保険もあります。

楽天プレミアムカードはどのような方におすすめか

ブラックカード

楽天プレミアムカードは、以下の方におすすめです。

楽天ブラックカードが欲しい方

楽天ブラックカードが欲しい方にはとてもおすすめです。筆者も楽天ブラックカードが欲しいため、楽天プレミアムカードに何処かのタイミングで切り替えて決済をしまくろうと考えています。

海外旅行に良く行く方

その他には、海外旅行に良くいく方にも良いでしょう。海外旅行に行けば、万が一の事態に遭遇する可能性もあります。盗難や不正利用などの可能性もありますが、プレミアムカードは付帯保険が充実しているのです。

また、楽天プレミアムカードであれば、無料の空港ラウンジのサービスもあります。他のカードですと、空港のラウンジというスペースの利用料金は有料になります。

その点プレミアムカードであれば、ラウンジの利用料金もかかりません。普段からよく海外に行き、空港のラウンジを頻繁に利用するなら、プレミアムカードはおすすめです。

楽天市場を日々利用する方

それと楽天市場で年間50万円以上の買い物をするなら、プレミアムカードはおすすめです。それぐらいの金額で買い物しますと、同じ楽天のカードと比較しますと、還元率も比較的高めになるからです。

楽天プレミアムカードのお申込の流れ

楽天プレミアムカードは、楽天カードの公式サイトから申し込みできます。

その流れですが、まずは楽天プレミアムカードの公式サイトへアクセスして、ページ上部にある項目から「カードをつくる」という箇所をクリックします。すると複数のカードが表示されますが、その中からプレミアムカードをクリックします。

その後は、画面の指示にしたがって希望カードや個人データなどを入力していきます。カードのデザインや国際ブランドや職業や勤務先などの項目を入力します。ちなみに楽天会員になっていない時は、このタイミングで楽天会員に新規登録します。

そして入力した情報に間違いが無いかどうか確認した上で、サイトからデータを送信します。すると楽天カードで審査が行われます。状況によっては、楽天カードから電話連絡が来る可能性もあるので、いつでも電話に出れるようにしておくのが望ましいです。

ちなみに審査結果はメールで通知されます。審査で問題なければ、カードは指定住所に郵送されます。なおカードを受け取る際に、配達員には運転免許証などの本人確認書類も提示する必要があります。配達員による本人確認が完了すれば、受け取った当日中には楽天プレミアムカードを使うことができます。

楽天プレミアムカードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!