楽天カードを30代男性が使うとかっこ悪い?利用者がメリットとデメリットを比較して解説

年会費無料の楽天カードを、30代男性は使うべきなのでしょうか?

楽天カードはかっこ悪いのか?

ちなみに筆者は30代男性ですが、楽天カードは保有しています。なぜなら楽天スーパーポイントがお得に貯まりますし、クレジットカード決済で楽天証券で投資ができますし、貯まったポイントを楽天証券で投資できたりするからです。

ただし、誰かとご飯に出かけた時などには利用しないようにしています(笑)なんだかんだ楽天カードで支払いをしているのはちょっとカッコ悪いかなと思ってしまう部分もあり、外では誰が持っていて恥ずかしくない『三井住友VISAゴールドカード』を利用しています。

ちなみに特典やステータスの面でも、三井住友VISAゴールドカードは筆者の一押しのゴールドカードです。

逆に、女性が「楽天カード」を使っていたらどう思うかというと、個人的にはオシャレ感はないものの、生活味溢れる人なのかなという印象を持ちますし特に気にすることもない気がします。そこで今回は、あらかじめ知っておきたい楽天カードのメリットとデメリットをまとめてみました。

これから年会費無料の楽天カードの発行を検討されている方は参考にしてみてください。

年会費無料の楽天カードのメリットは満載

楽天カードで一番のメリットになるのが、楽天スーパーポイントが貯まりやすいことです。

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

楽天での買い物は勿論、それ以外の場所で行った買い物でも楽天スーパーポイントが貯まり、あらゆる場所で利用できるほか、楽天カードの決済にもポイントを利用できます。

クレジットカードで貯まったポイントを投資に回せる

すでに楽天銀行や楽天証券、楽天市場を利用されている方にとっては、2重でお得なサービスです。最近では楽天証券で投資信託を購入する際に楽天ポイントを使うことができたりするため、クレジットカードで貯まったポイントを投資に回すこともできます。

最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯

続いて、楽天カードは年会費無料ですが、最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯します。死亡や後遺障害、賠償責任保険として最高2,000万円が支払われるほか、ケガの治療にも最高200万円支給と、無料カードでは最高クラスの保障内容が備わっています。

楽天カードのデザインが豊富

多彩なデザインを用意していることも楽天カードの魅力です。キャラクターやスポーツチームのデザイン、タレントのデザインなどが豊富にラインナップに加えられていますから、他人と被りにくい独特なデザインのカードを探しているという方にもおすすめです。

楽天カードのデメリット

一方で、楽天カードのデメリットとしては、やはりまずはステータスのなさが挙げられます。

やはり一定のステータスなどを求める30代以上の方は、三井住友VISAゴールドカードなどのゴールドカードを保有された方が良いでしょう。その他の細かいデメリットとしては以下が挙げられます。

メールアドレスへの勧誘メールが多い

契約している住所に向けて、保険商品の勧誘をはじめとした様々なDMが届けられることが多く、DM以外にも登録したメールアドレスへのメールが大量に届きます。気にしない方であれば問題ありませんが、煩わしさを感じやすいという方はストレスになるかもしれません。

サポートに繋がらない場合がある

また、楽天カードは会員数が非常に多く、問い合わせ数も増えてしまいがちです。サポートに電話をかけても、繋ぎたいタイミングで繋がらないことも多いので、これもデメリットに数えるべきでしょう。

ETCカードが無料でない

次に、楽天ポイントクラブにおいてプラチナランクに位置していない場合には、ETCカードを無料で発行することが出来ません。

ETCカードの年会費として500円(税別)が請求されてしまうこともデメリットです。年会費無料でETCカードも無料というクレジットカードもありますから、とにかく年間コストを抑えたいという方には向きません。

空港ラウンジの利用が不可能

楽天カードでは空港ラウンジの利用ができません。ただし、その代わりにハワイの楽天カードラウンジを無料で利用することができます。

ここでは無料Wi-Fi、手荷物預かり、フリードリンクサービスなどを行っており、海外旅行保険と合わせて、旅行の機会が多い方にとってメリットが大きいカードとなっています。

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは?

【公式サイト】https://www.rakuten-card.co.jp/

楽天カードが年会費永年無料であることに対して、楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税別)が必ずかかることが一番の違いです。ただし、楽天ゴールドカードを選んだ場合にはETCカードの年会費が無料になるほか、両明細書の送付も無料になるなど、差額を埋める特典を受けることはできます。

楽天スーパーポイントの還元率としては、楽天市場での購入時に楽天カードが最低3%であることに対して、楽天ゴールドカードは最低5%にまでアップします。そのため、楽天市場でお買い物をする機会が多いという方は、楽天ゴールドカードの方がお得になる場合も考えられます。

しかし楽天以外でのお買い物に付与されるポイントはどちらも1%で変わりません。ただし、楽天ゴールドカードは空港ラウンジを使えるようになるという特典も付帯します。飛行機を使った旅行や出張を多くするという場合には、楽天ゴールドカードがより便利でしょう。

楽天ゴールドカードの詳しい口コミへ

楽天カードの申し込みにおすすめな方

楽天カードは、すでに楽天関連のサービスを利用している方にはおすすめです。

特に楽天市場や楽天銀行、楽天証券などを頻繁に利用するという方にとって、楽天カードは絶対に持っておきたいクレジットカードです。楽天カードを使ってお買い物をするだけで自動的に楽天ポイントが貯まり、楽天でのお買い物や決済、楽天証券での投資にもポイントを使うことができます。

さらに海外旅行保険が付帯し、ハワイの楽天カードラウンジが使用できることも考慮すると、海外旅行に出掛けることが多い方にも楽天カードはおすすめです。ラウンジはワイキキの中心地にあるためアクセスが抜群で、一息ついたり、行き先を整理したりする際の使い勝手が良く便利です。

定番のクレジットカードを一枚持っておきたいという場合にも、年会費無料の楽天カードはおすすめできます。楽天カードは顧客満足度が非常に高いカードで、ランキング1位を10年連続で獲得しており多くの利用者から支持されているカードなので、信頼できるカードが欲しいという方にも良いでしょう。

楽天カードの公式サイトへ

楽天カードの申し込み方法はとても簡単

楽天カードを申し込むためには、まずは楽天カードの公式サイトへアクセスします。

その後、まずは契約したいカードの種類とデザインを選んで、申込フォームで必要事項を入力します。この際、国際ブランドの指定も忘れずに行いましょう。楽天カードでは、マスターカード、アメックス、VISA、JCBのいずれかを選択できます。

必要事項の入力を終えたら、審査の結果を待ちます。楽天カードは自動審査を導入しているので、早い場合には申し込みから数分程度で審査が完了し、発行手続きに移るというメールが届きます。

楽天カードは申し込みから約1週間程度で指定した住所まで送付され、カードが届いたその日から利用を開始できます。また、キャンペーンのポイントを獲得するためにはエントリーが必要なので、カードが到着したら早めにエントリーを済ませてください。

楽天カードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!