楽天ブラックカードの発行条件は?まずは楽天プレミアムカードが必要

謎に包まれた楽天ブラックカードについて調べてみました。

筆者は通常の楽天カードを利用していますが、楽天ブラックカードを手にいれるには楽天プレミアムカードにするのが鉄板です。楽天プレミアムカードを発行して、高年収を維持しつつ、そちらで年間200〜300万円程度を数年間使えば手に入るかなと考えています。

楽天プレミアムカードの口コミへ

楽天ブラックカードの発行条件は?

楽天カード 楽天ブラックカード

楽天ブラックカードは、数多くの種類を誇る楽天カードの中でも最上位に位置付けられるカードです。

そのため、原則として楽天カードからのインビテーションが届いていない場合に申し込むことはできません。招待が届いていなくても入力フォームに進むことは可能ですが、残念ながら審査落ちとなってしまう可能性が高いでしょう。

高収入で楽天プレミアムカードを保有して一定額以上の決済を行うのが鉄板

楽天カードからのインビテーションの条件は具体的に記されていませんが、楽天プレミアムカードなど上位カードを使って一定額以上の決済を行っている、高収入な人物を招待している可能性が高いと言えます。

他社の発行条件等を勘案すれば、一つの目安として年間決済額200万円以上、年収600万円以上で、なおかつ支払い遅延などの事故情報が無い方に向けて発行している可能性が高いでしょう。

なお、高額な決済を行っていない場合でも楽天ブラックカード発行の案内が届くことがあります。

楽天証券や楽天トラベル、楽天モバイルなどのサービス利用も

具体的には、楽天証券で数千万円単位の資産を運用しているというケースや、楽天トラベルで高額決済の旅行を経験しているというケースで、楽天ブラックカードのインビテーションが届いたという報告が見受けられます。

他にも楽天モバイルなど、楽天関連のサービスを利用されておくに越したことはないでしょう。

楽天プレミアムカードの公式サイトへ

楽天ブラックカードの口コミ

楽天ブラックカードのメリット

ブラックカード

楽天ブラックカードのメリットとして特に大きいのが、専門スタッフを擁するコンシェルジュサービスを活用できることです。

コンシェルジュサービス

一般には予約が難しいようなレストランの予約代行、旅行の手配、コンサートチケットの案内、さらにゴルフコースの情報提供といったサービスを無料で実施しています。

利用限度額が大きい

利用限度額に関しても、最低で300万円、最高で1000万円という非常に優れた条件が付帯されます。これだけの余裕があれば日頃のお買い物で困ることはありませんし、自動車や宝石などの高額なお買い物をする際にも問題なく対処することが可能です。

楽天グループのサービス優遇がある

また、楽天プレミアムの1年間無料利用権、楽天市場内におけるポイント5倍優遇など、楽天グループ内のサービスをお得に利用できるようにもなります。日頃から楽天を利用することが多いという場合には、より魅力的なブラックカードと言えるでしょう。

楽天ブラックカードで注意すべきデメリット

デメリット

年会費が33,000円と高い

デメリットとして考えなければならないのは、年会費が33,000円と高額であり、楽天プレミアムカードと比較して3倍に及んでしまうという点です。

コンシェルジュサービスなど独自の特典を利用することがなければ損に感じてしまいますが、アメックスやダイナースなどのブラックカードの年会費が10万円超えという点を踏まえれば、それでも割安なブラックカードであるとは言えます。

楽天以外の店舗でのお買い物ではポイント還元率1%

楽天以外の店舗でお買い物をする際に付帯されるポイントの還元率が1%と少ない設定であることもデメリットとして数えなければなりません。平カードでも1.5%以上の還元率を持つカードが存在する以上、どうしても楽天ブラックカードの条件は悪く見えてしまいます。

海外におけるサポートが弱い

また、海外におけるサポートに関しては、他社のブラックカードに存在するような24時間対応のサービスを実施しておらず、緊急時のサポートを受けることができません。

海外旅行中など、日本時間とは無関係にサービスを受けることを希望したいという方にとっては、若干デメリットに感じてしまう点と言えるでしょう。

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの違い

楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードの最も大きな違いはコンシェルジュサービスの有無になります。

コンシェルジュサービスの違い

それに加えて、楽天ブラックカードを選ぶと、Mastercard Taste of PremiumやJCBプラチナ特典の一部などの特別なサービスを受けることができます。高級レストランをお得に楽しめるサービスなどが付帯するため、外食がお好みな方にとっては大きなメリットになります。

プライオリティ・パスの違い

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードは、どちらもプライオリティ・パスが無料で利用できるという特典がありますが、楽天ブラックカードの場合は同伴者2名も無料でプライオリティ・パスと同等のサービスが受けられるようにランクアップされています。

通常の楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスではカードのホルダーしか無料でないため、家族揃って海外旅行に出掛ける場合などには、上質なサービスを受けられるため楽天ブラックカードの方がおすすめです。

旅行保険の違い

また、海外旅行・国内旅行の障害保険に関しても、楽天ブラックカードのほうが条件が良くなります。具体的には、海外旅行保険の最高金額が1億円にまで上昇するほか、海外・国内保険の両面に家族特約が付くことも楽天ブラックカードならではのメリットです。

楽天ブラックカードがおすすめなのはこんな方

ブラックカード

以上になりますが、楽天ブラックカードは、最上位カードを比較的安価で所持したいと考える方におすすめできます。

他社ブラックカードと比較すると若干条件が下がるサービスもありますが、一目でステータスカードだと分かる見た目や、コンシェルジュサービスなどを年会費33,000円で手に入れることができます。

プライオリティ・パスは同伴者分も無料となるため、鼻高々で旅行することもできるでしょう。また、楽天に関連するサービスを頻繁に利用する方にもおすすめです。

その他の楽天カードと比べてポイント還元率が上がり、楽天スーパーSALEにおいてもお得にカードを利用できますから、楽天市場内での決済状況によっては、年会費を上回るほどのお得なポイントを確保できる可能性もあります。

楽天ふるさと納税の際にもポイント倍率が高まりますので、楽天ブラックカードが欲しい方は、まずは楽天プレミアムカードの発行から始めてみるのが良いでしょう。

楽天プレミアムカードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!