EX Gold for Biz Mを4年間使った感想!Orico法人カードは還元率は高いがマイルは貯まりにくい

Oricoの法人カードである、EX Gold for Bizは初年度の年会費が無料で、次年度の年会費2,200円とコスパが良いことで有名です。

デフォルトのポイント還元率も法人カードの中では0.6%と高く、さらに年間200万円以上の利用で1.1%の還元率となります。ただし、ステータス性は若干落ちますし、マイルの還元率は最高でも0.66%です。

そのため、筆者は今ではステータス性やコンシェルジュサービスなども鑑み、マイルの還元率が1.125%にもなる、年会費22,000円(年間200万円以上の利用で翌年度の年会費は11,000円)のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードを利用しています。

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

今回はそんなEX Gold for Biz Mのメリットやデメリットを踏まえて、発行がおすすめな方をご紹介します。

EX Gold for Biz Mの発行条件を知っておこう

プラチナカード

EX Gold for Biz Mは、多くのクレジットカードと共通した条件として、18歳以上であること、また安定した収入があるということが定められています。

さらに、EX Gold for Biz Mは個人向けではなく、法人代表者を対象にしたものなので、法人代表者の方が発行の対象になります。

一方で、冒頭でご紹介したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードであれば、会社員でも発行が可能です。さらに個人口座だけでなく法人口座での引き落としが可能なのが特徴です。

EX Gold for Bizは設立直後でも申込み自体は可能ですが、まだ設立間もない時期には、その収入が安定していないと判断されることがあるので、収入が安定していることを申告書等で証明することが条件となります。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)のメリット

EX Gold for Biz Mの大きなメリットの一つが、ポイントを非常に貯めやすいということです。

法人カードなのに還元率が0.6%〜1.1%と高い

最近ではクレジットカードや電子マネーでも、ポイントが貯まるということが大きな付加価値となっていますが、EX Gold for Biz Mでも1000円の買い物ごとに1スマイルという形でポイントが貯まります。

ポイントは様々なアイテムに交換出来るので、ポイント効率の良いクレジットカードを探している方におすすめします。筆者の場合はAmzonギフト券に変換することが多かったです。

付帯サービスや優待が多い

さらに、EX Gold for Biz Mのメリットとしては、付帯サービスが豊富で、さらに法人代表者の方に適したものが揃っているという点が挙げられます。

EX Gold for Biz Mでは付帯サービスとして、レストランでの優待や海外への出張や旅行の際に便利な手荷物やクロークの優待など、他のクレジットカードと差をつけられるような、便利な付帯サービスが揃っています。ただし、筆者の場合はそんなに利用することはなかったです(笑)

クラウド会計ソフトのfreeeがお得に使える

EX Gold for Biz Mでは会計ソフトfreeeの二ヶ月分の優待があるので、お得に最新の人気ソフトを使うことが可能です。

これもあって筆者もfreeeを導入したのですが、正直なところクラウド会計ソフトはMoneyforwardでも良いかもしれませんし、このメリットだけでfreeeを導入する必要はなかったかなとは思っています(笑)

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)のデメリット

EX Gold for Biz Mのデメリットとしては以下があります。

マイル還元率が最大でも0.66%と貯まりにくい

ポイント還元率の効率に比べて、マイルが若干貯まりにくい設定です。マイル還元率は最大でも0.66%です。

そのため、マイルを重視するという方は、セゾンマイルクラブに無料で加入できて、還元率が1.125%にもなるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの方がおすすめです。

家族カードの発行ができない・社員カードの発行上限もあり

また、家族カードの発行が出来ず、社員カードの上限も3枚までです。

他にも、海外旅行の際の保険額が若干物足りないケースもあるということが挙げられます。旅行やビジネスで頻繁に海外に行かれる方は、若干ながら他のクレジットカードの補償金額よりも低めなので、上手く外のクレジットカードの旅行保険と組み合わせるのが安心です。

EX Gold for Biz MとオリコビジネスカードGoldとの違い

EX Gold for Biz Mを検討している方の中には、オリコビジネスカードGoldを候補にしている方も多いでしょう。

両者とも法人代表者の方向けのカードなので類似点も多いですが、まずEX Gold for Biz MとオリコビジネスカードGoldとの違いとして、ポイントプログラムの有無があります。

前述の通り、EX Gold for Biz Mでは暮らスマイルと呼ばれるポイントプログラムがあり、様々なアイテムへの交換が可能です。一方、オリコビジネスカードGoldでは暮らスマイルが利用できません。

また、ショッピング利用枠も、EX Gold for Biz Mでは10万円から300万円、オリコビジネスカードGoldでは10万円から1000万円とかなりの違いがあるので、用途によっては使い分けが必須のクレジットカードと言えるでしょう。

そして、追加カードの発行可能枚数も、EX Gold for Biz Mでは3枚まで、オリコビジネスカードGoldでは20枚までと大きな差があるので、使用シーンによってはデメリットを感じることもあるかもしれません。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)がおすすめな方とそうでない方

ゴールドカード

このように、EX Gold for Biz Mは法人代表者の方が選択するクレジットカードとして様々な特徴やメリットを持っていますが、社員数など規模はそれほど大きくは無いものの、様々な福利厚生を導入したい法人代表者の方におすすめします。

企業では様々な福利厚生を導入していることがありますが、個人や少人数で行う法人代表者の方は、中々大手企業のような福利厚生を導入出来ないこともあるでしょう。

しかし、EX Gold for Biz Mではホテルや旅館、映画館など様々な日常生活の場面において、会員価格で利用出来るようになる特典が付随しているので、小規模経営ながらも、福利厚生も充実させたいという方におすすめします。

また、ビジネスカードとしては、ポイントの貯まりやすさも重要なメリットになります。個人用途ではなく、ビジネスの場合にはオフィスの賃料や光熱費、さらに広告宣伝費や接待費など様々な費用が発生するでしょうが、そうした支払い時にポイントの還元を受けることが出来ます。

そのため、日常生活でクレジットカードを使用するサラリーマンの方などの用途とは、比較にならないようなスピードでポイントを貯めていくことが可能です。このように、EX Gold for Biz Mは法人代表者の方のニーズをしっかり満たしながら、最適に使用出来る便利なクレジットカードになっています。

ただし、ステータス性やマイルの還元率を重視するのであれば、冒頭にご紹介したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードがおすすめです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!