オリコカードザプラチナの審査は主婦でも通る?メリット・デメリット・発行方法を解説

オリコカードザプラチナは最強のパフォーマンスを誇る頼れるプラチナカードです。

オリコカードザプラチナは、高いポイント還元率、頼りになるコンシェルジュサービス、空港での多彩なサービス、レジャー・グルメ・ホテルなどで使えるお得な割引、旅行を中心とした様々な保険やサポートといった年会費以上のお得なパフォーマンスを発揮します。

お申込みはオンラインから簡単に行うことができ、入会特典として3,000オリコポイントを進呈するキャンペーンなども行われており、入会直後からお得なプラチナカードです。年会費無料の家族カードも発行することができるため、主婦の方は旦那さんに申し込みをしてもらうのがおすすめです。

オリコカードザプラチナのメリット

還元率が高い

1つ目のメリットは、最高のポイント還元率です。

基本還元率が1.0%で、常時100円で1オリコポイントが還元されます。

さらに、オリコモールのご利用で+1.0%、電子マネー(iD、QUICPay)のご利用で+0.5%、リボルビング払いのご利用で+0.5%、海外でのご利用で+0.5%、誕生月は+1.0%といったように条件を満たすことで高いポイント還元でお得にお買い物をすることができます。

旅行での優待

2つ目のメリットは、空港や旅行先で受けられるさまざまな優待です。

世界1,000カ所を超える空港のラウンジを利用してご出発前やご到着後にゆったりと過ごすことができます。オリコ空港ラウンジサービスでは、国内主要空港に用意された専用ラウンジをご利用できます。

空港クローク優待サービスでは、旅先で不要となるようなコートなどを帰国時まで預かるサービスもお得に利用できます。海外でも簡単に通信ができるように海外WiFiルーター、海外携帯電話をお得にレンタルして利用することもできます。

国際線手荷物無料宅配では、ご出発・ご出国時のお荷物を無料宅配できて便利です。また、ホテルや航空券や人気の温泉やレストランもお得に利用することができます。

24時間365日頼れるコンシェルジュ

3つ目のメリットは24時間365日頼れるコンシェルジュです。

コンシェルジュ専用ダイヤルを利用することで、鍵開け、配管の水漏れ対応、パーティ会場の手配、フラワーギフトの手配、旅先での様々なサポート、ゴルフ場の紹介・予約、通訳アシスタンスなどさまざまなサポートを受けることが出来ます。

充実した付帯保険

4つ目のメリットは、充実した付帯保険です。

業界初となる個人賠償責任保険をはじめ旅先で頼りになる保険や、旅行中にケガや病気になった場合の現地でのキャッシュレス治療の手配や医療通訳サービスも提供されています。

オリコカードザプラチナのデメリット

ショッピング利用枠の限度額が300万円程度

1つ目のデメリットは、ショッピング利用枠の限度額が300万円程度とプラチナカードとしては低い点です。限度額を上げるための書類審査もありますが、時間がかかります。

筆者が愛用しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードであれば、年会費22,000円で1,500万円ほどは利用できると言われています。さらに、年間200万円の利用で翌年度の年会費が半額になります。

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

オリコプラチナデスクは夜間対応していない

2つ目のデメリットは、オリコプラチナデスクは夜間は対応していない点です。

コンシェルジュ専用ダイヤルは24時間営業ですが、オリコプラチナデスクは夜間は対応していませんし、そもそもコンシェルジュではないので間違って利用しないように注意しましょう。

空港ラウンジ使用回数に上限がある

3つ目のデメリットは、空港のVIPラウンジを使うためのラウンジ・キーに回数制限があることです。回数制限に達した後にVIPラウンジをご利用するには費用がかかってしまうので注意しましょう。

オリコカードザプラチナとオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドとの違い

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)|クレジットカードのオリコ

オリコカードザプラチナには、ステータスの異なる別の2つのカードが存在します。

まず、オリコカード ザ ポイントは年会費無料の一般カードです。続いて、オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは年会費のかかるゴールドカードです。

そしてそのさらに上のステータスであるプラチナカードが、オリコカードザプラチナです。ここでは、オリコカードザプラチナとオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの違いをご説明します。

年会費の違い

1つ目の違いは年会費です。

ゴールドカードのオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは税込み1,950円に対して、プラチナカードのオリコカードザプラチナは税込み2万円と、価格が約10倍異なります。

還元率の違い

2つ目の違いは還元率です。

どちらも基本還元率は1.0%ですが、リボ払いなどの条件によって加算されるポイント還元率の最大は、オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドが2.5%に対して、オリコカードザプラチナは3.5%と1%も還元率が高くなっています。

特典の違い

3つ目の違いは特典の違いです。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドでも様々な特典がありますが、オリコカードザプラチナではコース料理を2名以上予約で1名分が無料になるレストラン特典や、空港で宅配サービスを往復2回無料で利用できる国際線手荷物無料宅配など、プラチナカードならではの特典も利用できます。

オリコカードザプラチナがおすすめな方

オリコカードザプラチナは、旅行する機会が多い方、国内有名レストランにお連れ様と一緒に行きたい方、高い還元率を享受したい方などにおすすめです。

オリコカードザプラチナでは空港で受けられる特典も多く、国際線手荷物無料宅配や海外WiFiルーター・海外携帯電話の割安なレンタル、旅先で怪我や病気をした際のサポート、さまざまな保険、ホテルやレストランやレジャーをお得に楽しめる特典など、安心でお得で充実した旅行をしたい人に最適なプラチナカードです。

また、消費税の増税の中、キャッシュレス決済が奨励されていますが、最大3.5%の最高のポイント還元率を誇るオリコカードザプラチナを利用することで、お得にお買い物をすることができます。

普段からよく買い物でクレジットカードを利用する人ならば、2万円の年会費の何倍もの利益を得られることが可能なため節約したい人にもおすすめです。

オリコカードザプラチナの発行方法と発行条件

オリコカードザプラチナを発行するにはオンラインお申込みを利用する必要があります。

お申込みの際は、住所・居住年数・電話番号・税込年収・他社無担保ローンの情報などのお客様個人の情報が必要です。

また、社会人の場合は勤務先の情報(会社名、住所、電話番号、従業員数、勤続年数など)が、学生の場合は学校に関する情報が必要です。

引落口座についてはオンラインお申込みの後で口座振替依頼書を記入することでも指定できます。

もしも、キャッシングのご利用を考えている方で、オリコでのお借入額が50万円を超える場合や、他の業者を含めて借り入れ残高の合計額が100万円を超える場合は所得証明書類写し(コピー)も必要になります。収入がない場合は、キャッシング利用可能枠の設定ができないことにも注意しましょう。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!