北欧旅行で現金は不要!フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・デンマーク周遊記

2018年の7月は北欧旅行に行ってきました。

7月のシーズンの北欧はちょうど気候もよく、だいたい20度〜25度ぐらいの気温が多かったです。

北欧個人旅行の観光ルートと観光スポット

 

この投稿をInstagramで見る

 

travellerysさん(@travellerys.blog)がシェアした投稿


今回の筆者の北欧旅行の主要な観光スポットはこんな感じでした。

  • フィンランド
    • ヘルシンキ
    • タンペレ
  • スウェーデン
    • ストックホルム
  • ノルウェー
    • オスロ
    • ベルゲン
  • デンマーク
    • コペンハーゲン

上記のインスタグラムアカウントで旅行で訪問したスポットの写真を空いた時間で投稿していますので、よければ参考にしてみてください。

ちなみに北欧は街が小さいというか、観光スポットが中央駅周辺のことが多いです。そのため、基本的にホテルは中央駅周辺で筆者は予約しました。

北欧旅行のホテル予約は予約サイトのAgodaを利用

北欧旅行のホテル予約は主にホテル予約サイトのAgodaで物件を探して、日本で予約をしていってきました。

Agodaは日本語で予約できてポイントもたまって快適でしたので、ヨーロッパのホテル予約にはおすすめです。筆者の場合は今回も色々予約したことでAgodaポイントがかなり貯まりました。

Agodaの公式サイト:https://www.agoda.com/ja-jp/

筆者の場合はAgodaサイトをかなり放置していたので、先日確認したら7000円以上アゴダコインを損失していましたね…(笑)

北欧周遊旅行にかかる期間はどのぐらい?

北欧

例えば、筆者のように行きたい観光スポットだけさっさと観光するのであれば、だいたい1週間+αぐらいで、北欧の主要都市は観光できるかと思われます。

イメージとしては1カ国に3日ぐらい滞在しているような感じです。

ですが、もう少し一つ一つの都市じっくりと見たり、例えばオーロラを見たり、フィヨルドに行ったりしたい場合は、さすがに4カ国を1週間ちょいで回るのは難しいかもしれません。

その場合は特定の国に絞って旅行したり、もう少し長い期間をかけて旅行されるのがおすすめです。ガイドブックは普通に地球の歩き方(北欧)が役立ちました。

ただガイドブックに載っているお店などは古いものが多いので、基本的にはネットを活用したりトリップアドバイザーを活用して口コミをみておくのがおすすめです。

北欧旅行で現金は本当に不要でした

現金

さて本題ですが、北欧旅行では現金は本当に不要でした。

唯一現金(ユーロ)を使う機会があったのは、ヘルシンキからタンペレ(ムーミン美術館があります)に行った際です。フィンランドのタンペレの駅のトイレに行く時に、1ユーロを使ったぐらいです。

ちなみに、北欧の通貨は下記になります。

北欧(フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・デンマーク)の通貨

  • フィンランド:ユーロ
  • スウェーデン:スウェーデンクローネ
  • ノルウェー:ノルウェークローネ
  • デンマーク:デンマーククローネ

正直、北欧で現金を見る機会はほとんどありませんでした。たま〜にスーパーなどで、お年寄りのおばあさんが使っているのを目にするぐらいでした。

北欧旅行にはクレジットカードを複数枚持っていけば良い

ですので、基本的に北欧旅行にはクレジットカードを複数枚持っていけば、旅行中に困ることはあまりない気がします。

ですが、クレジットカードにも種類がありますので、いくつか注意点を事前にお伝えしておきます。

北欧旅行でおすすめできないクレジットカード

クレジットカード

まず、北欧旅行でおすすめできないクレジットカードは、JCBのクレジットカードです。筆者が旅行していた際に見かけたブランドのマークは、大抵VISAかMasterCardです。

ですので、JCBのクレジットカードしか保有していない方は、VISAかMasterCardのクレジットカードを準備して行かれた方が良いでしょう。

クレジットカードは複数枚持参がおすすめ

また、筆者が旅行していた際に、明らかにクレジットカードの限度額を超過していないはずなのに、なぜかクレジットカードを使えない場合がありました。

具体的には「この通貨は使えません」といったような表示が出ました。仕方なく別のクレジットカードを利用したら解決したのですが、海外では何があるかわかりません。

筆者は念のため4枚ほどクレジットカードを持参していきましたが、最低でも2枚(できればVisaとMasterCard)は持参するのが無難でしょう。

日本の空港でユーロの両替は特段不要

また、基本的には日本の空港でユーロの両替は不要かとは思います。両替するとしても本当に数千円程度で良いのではないでしょうか?

ちなみにヨーロッパはどこもそうですが、ユーロと日本円の両替レートがとても悪いです。ユーロ圏に旅行する際には、事前に日本で両替しておくのがおすすめです。

北欧旅行でおすすめの年会費無料のクレジットカード

以上を踏まえて、北欧旅行でおすすめのクレジットカードを2つほど厳選してご紹介します。

MasterCardのプリペイドカードでおすすめはマネパカード

まず、マネパカードは、長期留学の際に利用する人が多いため、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、入会費も年会費も無料で、海外でも国内でも使えるプリペイドカードです。

プリペイドカードのためカードに事前にお金をチャージしておくことができ、インターネット上で日本円を外貨に両替することができます。こうしてお金をチャージしておけば、「MasterCard」のマークがあるお店で、お食事やお買い物が可能です。

マネパカードの特徴は決済手数料が安い点

マネパカードの特徴は、クレジットカードの決済手数料が圧倒的に安い点です。

海外でのショッピングで一般的なクレジットカードを利用した場合、「為替手数料」「海外事務手数料」等の名称で、ご利用額の1.6%程度が手数料のコストとして加算されます。

これに対して、マネパカードは米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの場合、実質半額の手数料で利用が可能です。また、旅行で余った外貨を日本円に戻して、日本国内で利用することも可能です。

余った外貨を日本円に戻す際の手数料も無料

さらに、外貨を日本円に戻す際、両替手数料は無料です。

発行手数料も年会費も無料で、クレジットカードのような入会時の与信審査もありません。日本にお住いの15歳以上の方であれば原則どなたでも申し込みが可能ですので、旅行の際に一枚あると便利です。

公式サイト:https://card.manepa.jp/

マネパカードの詳しい口コミはこちら

VISAでおすすめのクレジットカードはBooking.comカード

booking com

もう一つは、年会費無料でVISAブランドを利用できるBooking.comカードです。Booking.comカードは、Booking.comで予約をする際にお得なのです。

Booking.comとの併用でお得な年会費無料のクレジットカード

Bookig.comは入会するだけで、Booking.comの予約時に「Booking.Genius」会員にアップグレードされます。宿泊代金が10%OFFになることに加えて、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど、無料で各種サービスを受けられたりします。

また、キャッシュバックで最大6%還元があったり、「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFFになったり、年会費無料にも関わらず最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯しています。

通常の三井住友VISAカードよりも年会費がお得なのが特徴

通常、三井住友カードのクラシックAカードは通常年会費が1,500円なのですが、Booking.comでクレジットカードを申し込むと、年会費無料なのに旅行傷害保険もついています。

筆者は割と冒頭でご紹介したAgodaでホテルを予約することが多いのですが、Booking.comを利用されている方は、年会費無料のBooking.comカードを保有しておくとポイントを貯める際には便利です。

公式サイトはこちら:Booking.comカード

Booking.comの詳しい口コミへ

両方ともインターネット上で簡単に申し込み手続きを完了させることができますので、海外旅行によく行かれる方などは、事前に一枚保有していると便利かとは思われます。

現地のATMで現地通貨を引き出せるカードも便利

Atm

ちなみに、筆者の場合は、普段国内で利用しつつ、海外現地のATMで現地通貨を引き出せる、三井住友VISAゴールドカードも持参しました。

北欧は基本的に現金しか使えないという場所があまりありませんが、クレジットカードがなんらかの形で使えなくなってしまった場合、現金を引き出せるカードも持参しておくと便利ではあります。

ですので、そのような便利なクレジットカードを、一枚ぐらいは保有しておくのもおすすめです。ちなみに筆者が持っているのは三井住友VISAゴールドカードです。

三井住友VISAゴールドカードは、20代であれば三井住友VISAプライムゴールドカードになります。筆者は20代の時に作ってそのまま保有していたため、現在は三井住友VISAゴールドカードになっています。

20代の場合は、最安で1,500円の年会費でゴールドカードを保有できますので、一定のステータスが欲しい方にはおすすめです。

公式サイト(三井住友カード):https://www.smbc-card.com/index.jsp

三井住友VISAゴールドカードの口コミへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!