メリット満載!三井住友VISAプライムゴールドカードは20代独身男性におすすめ

筆者も20代から保有している三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミです。

筆者の場合は単純にステータスという観点で選んでいたのですが、よくよく得点を見ると色々とメリット満載ということに気づきましたので(笑)、今回は改めて三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介します。

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴や年会費

コース プライムゴールドカード年会費
「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コース 税抜1,500円+税
「マイ・ペイすリボ」コース 税抜2,500円+税
「WEB明細書」コース 税抜4,000円+税
いずれも指定なし 税抜5,000円+税

このカードで最大の特徴は、20代限定で発行されるゴールドカードという点になります。

通常のクレジットカードの場合、若年層でゴールドカードを保有するのは簡単ではありませんが、こちらは若い世代を対象にしたゴールドカードのため、20代でステータスカードを手にすることができます。

年会費に関しては初年度無料で、2年目以降の年会費は使い方によって変動し、通常は5,000円に設定されていますが、WEB明細に切り替えるだけで4,000円に値下がりします。

WEB明細に加えてマイ・ペイすリボコースの支払いを選択すると、年会費は1,500円にまで下がり、ゴールドカードとしては破格の安さです。

海外旅行時の保険も自動付帯で最高5000万円までの補償を受けることもできます。家族特約も自動付帯となり、このカードを持っているだけで家族分の補償も受けられますので、すでに結婚していて小さなお子さんをお持ちの方にもおすすめです。

三井住友VISAカードの公式サイトへ

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

ゴールドカードなのに年会費が安い

最安1,500円という低額な年会費で持てるゴールドカードなので、コスパが高いことが最大のメリットです。年会費が安くても、ゴールドカードとしてのサービスはしっかりと受けることができます。

これよりも年会費が安いゴールドカードとなると、楽天カードぐらいしかないでしょう。ただし楽天カードですとちょっとかっこよさは失われてしまいますので、ステータスが欲しい方には三井住友VISAプライムゴールドカードの方がおすすめです。

空港ラウンジの利用が可能

ゴールドカードに付き物な空港ラウンジの利用もOKです。

国内主要ラウンジはほぼカバーした内容なので、このカードさえ持っていればアッパー層に仲間入りできます。筆者も早速羽田空港でラウンジを利用してみました。

ゴールドデスクは24時間体制のサポート

三井住友カードが要するゴールドデスクは、三井住友VISAプライムゴールドカード会員でも活用でき、24時間体制のサポートを受けることが可能です。

Relux(リラックス)が初回7%割引で利用できる

続いて、一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」に関してもお得です。

プライムゴールドカード会員限定で、通常の「Relux」が提供している価格(最低価格を保証している価格)から、さらに初回:7%(2回目以降:5%)を割引してもらえます。筆者はReluxギフトというサービスが好きでよく利用しています。

不正利用防止機能や補償がある

不正利用については、カードにICチップがついており、偽造が困難なため、未然に防止できます。

それでも不正利用にあってしまった場合、カード紛失・盗難のお届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用については弊社が補償してもらえます。カード紛失・盗難以外の不正利用の場合も、同様に補償してもらえます。

公式サイト:https://www.smbc-card.com/

ワールドポイントがお得に貯まる

また、通常の三井住友VISAカードと比べて付与されるポイントが2倍になるというメリットもあります。

仮に年間利用額が100万円に達すると300ポイントが付与されるので、使えば使うほどお得になるカードと言えるでしょう。

選んだお店3店舗でポイント2倍に

さらに、Vpassにログインして対象店舗を選ぶと、選んだお店ではポイントが2倍貯まります。筆者の場合はよくカフェチェーンに行くのでカフェを選択しています。

iDで支払える

さらに、全国のセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド店頭でのIDの利用で、ポイントが5倍貯まります。

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

コース ゴールドカード年会費
「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コース 税抜4,000円+税
「マイ・ペイすリボ」コース 税抜5,000円+税
「WEB明細書」コース 税抜9,000円+税
いずれも指定なし 税抜10,000円+税

一方でデメリットとしては、申し込み段階で20代でなければならないという条件がある点です。

30代は通常のゴールドカードに変更

また、30代からは通常のゴールドカードへ切り替えという形になり、年会費等の条件も変化しますので注意が必要です。

ただし、三井住友VISAプライムゴールドカードを保有しておけば、30代でもステータスを保てるゴールドカードをそのまま保有することができます。

電子マネーのチャージを行う場合にはポイント還元の対象外

次に、電子マネーのチャージを行う場合にはポイント還元の対象にならないことにも注意が必要です。
例えばSuicaなどにチャージをしたとしても、ポイントを受け取ることは不可能になります。

また、ポイント還元率が2倍になることがメリットになる一方、還元率そのものは決して高くありません。通常の還元率は0.5%のため、還元率重視であればそもそもの還元率が高いリクルートカードなどを利用した方が、ポイントで得をできる可能性があることも覚えておきましょう。

>>三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントの詳細はこちら

三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめな方

クレジットカード

20代で保有できるゴールドカードとしてはハードルが低く、年会費も安いので、まず1枚ゴールドカードを持ちたいという方におすすめです。

特典そのものは一般のゴールドカードと大差がありませんから、見せかけだけではなく、充実した特典やサポートを受けることができます。20代で三井住友カードを持つことを検討している方も、プライムゴールドカードに申し込むと良いでしょう。

一般カードと比較してポイントの還元率が上がりますから、同じ金額を決裁した際に有利になります。そして将来的に三井住友カードのステータスを高めていきたいという方も、20代のうちにプライムゴールドカードに入会することがおすすめです。

特にプラチナカードへのステップアップを希望している場合、このカードを使ってクレジットカードヒストリーを積んでおくと、非常に有利になります。若いうちからゴールドを持つという向上心があり、多くの決済をしてくれる会員は優良顧客として認識されやすく、インビテーションも届きやすくなります。

公式サイト:https://www.smbc-card.com/

三井住友VISAプライムゴールドカードの申し込み方法

まずはこちらから三井住友カードの公式サイトに移動して、VISAプライムゴールドカードの応募にエントリーしましょう。

そして会員規約に同意して個人情報の入力へと進み、氏名や住所、引き落としを希望する口座番号などを入力します。次に職業や勤務先を電話番号等も含めて登録しますが、このカードには学生も申し込めるので、学生の場合には学校名を入力してください。

入力に間違いがないかを確認したら、情報を送信して、申し込み番号を発行してもらいます。その後はオンライン、または郵送で口座登録を完了させますが、カードの利用を早めるためにはオンラインでの登録をおすすめします。

三井住友VISAプライムゴールドカードは最短で翌営業日にカード発行手続きへと進めるので、早ければ一週間程度でカードを受け取ることができます。

公式サイト:https://www.smbc-card.com/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!