三井住友プラチナカードの評判は悪い?三井住友VISAゴールドカードと比較

三井住友プラチナカードは三井住友カードの中で最もランクの高いカードで、多くのユーザーが憧れているプラチナカードです。

一般的にこうしたプラチナカードはカード会社から招待されるインビテーション制が多いですが、三井住友プラチナカードは誰でも申し込めるプラチナカードです。

そんな三井住友プラチナカードの発行条件や、メリット、デメリットなどについて、筆者が保有している三井住友VISAゴールドカードと比較しながらまとめてみたいと思います。

三井住友プラチナカードの発行条件は?

三井住友プラチナカードの発行条件は、ホームページによると「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と記載されています。この条件はゴールドカードの発行条件とも同じですが、結構アバウトで詳しくは公表されていませんので、気になります。

まず職業ですが、正社員や公務員など正規雇用されている人に限定され、アルバイトや派遣社員、学生などはおそらく審査に通ることは難しいと思われます。また、年収ですが、おおよそ500~600万円以上の収入があれば審査に通るケースが多いようです。

しかし、年会費が55,000円のカードですので、それなりの年収がなければこのカードに加入する意味はあまりなさそうです。そして、年齢は30歳以上とされていますが、これも「原則として」という但し書きがあるように、20代でもそれなりの稼ぎがある人は審査に通過するようです。

ちなみに、三井住友VISAカードに関しては、20代であれば三井住友VISAプライムゴールドカードがコスパよくゴールドカードを保有できてステータス性もついてくるという観点でお得です。

三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミへ

三井住友プラチナカードのメリット

三井住友プラチナカードを持つメリットはやはり「ステータス性」です。

圧倒的なステータス性

カードのデザインはブラックでデザイン性に優れていますので、会計の時に店員さんに「この人はお金持ちだな」と思わせる力を持っています。

以前は黒いデザインのクレジットカードはあまりありませんでしたが、最近は増えてきました。このためプレミア感が薄れてきたことは事実ですが、それでもこうしたカードを持っている人はまだまだ少数派ですので希少価値は高いと思います。

コンシェルジュサービス

次に挙げられるメリットとしては「コンシェルジュサービス」です。

コンシェルジュサービスはホテルや航空券の予約などを行ってくれるサービスで、そのほかに条件に合うレストランを見つけてくれて、そのまま予約してくれるサービスなどもあります。

また、このサービスは海外でも対応していますので、海外旅行に行っておすすめのレストランを教えてもらうというサービスも可能です。

家族カードが無料

3つめは「家族カード」が無料である点です。

家族カードは別に年会費がかかることがほとんどですが、三井住友プラチナカードはこれが無料ですのです。そのため、夫婦で合わせて2枚発行することなども可能です。

この場合、トータルで考えると年会費は割安でお得感があります。筆者はまだ独身ですので残念ながら関係ない話ではありますが、いつか家族ができたら検討してみたいとは思っています。。

三井住友プラチナカードのデメリット

年会費が割高

逆にデメリットとしては、やはり「年会費が割高」であるという点です。年会費50,000円プラス消費税で55,000円ですのでそれなりの出費になります。

筆者もこの観点から20代から三井住友VISAプライムゴールドカードの方を利用しています。三井住友VISAゴールドカードであれば、WEB明細書などを選択することでさらに年会費を安くすることができます。

ポイント還元率が低い

そして2つめのデメリットは「ポイント還元率」が低いという点です。

三井住友プラチナカードの場合、原則的0.5%のポイント還元率です。三井住友カードは通常カードやゴールドカードも同じ還元率ですが、ほかの航空系カードなどはこれよりも高い還元率ですので、あまり良心的とは言えないと思います。

インビテーション制ではない

さらに3つめは「インビテーション制ではない」という点です。

多くのプラチナカードはカード会社からのインビテーション制を採用していますが、これが顧客に優越感を与えていました。この点、このカードはインビテーション制ではないため、多少プレミア感がありません。

しかし、最近はインビテーションがなくても加入できるプラチナカードが増えてきたことも事実です。例えば、以前はアメックスプラチナカードもインビテーション制でしたが、現在は143,000円の年会費を払えば発行することができます。

ただし、アメックスプラチナは、セゾンプラチナビジネスアメックスであれば年会費22,000円で保有できますので、筆者はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードを保有しています。

さらにセゾンプラチナビジネスアメックスであれば、年間200万円以上の利用で翌年度の年会費が1万円になりますのでかなりコスパは良いと言えるでしょう。

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

三井住友プラチナカードと三井住友VISAゴールドカードの違い

三井住友プラチナカードと比較して、三井住友ゴールドカードは年会費が11,000円と割安に設定されているのが特徴です。WEB明細書申し込みをすることで、さらに年会費は9,900円にまで値下がりします。

このため、人気があり多くのユーザーがいます。また20代でも作れる「プライムゴールドカード」があり、こちらは年会費が最大でも5,500円と大変お得になっています。

ただし、ゴールドカードにはコンシェルジュサービスがついていません。このコンシェルジュサービスがついているのが、プラチナカードの最大の特徴と言えそうです。

そしてゴールドカードとプラチナカードは旅行傷害保険の枠も異なっています。ゴールドカードでは最大5,000万円、プラチナカードでは最大1億円です。

実際のところコンシェルジュサービスは別のプラチナカードでも受けることができますし、保険についても三井住友カードにこだわる必要もないかなというのが筆者の個人的な意見ではあります。

三井住友プラチナカードがおすすめな方

以上になりますが、三井住友プラチナカードは利用限度額が大きいという点、とコンシェルジュサービスが利用できるというのが特徴です。

ですので、クレジットカードでたくさんショッピングをするという人には、ゴールドカードよりはおすすめであることは間違いありません。また、頻繁に出張をするという人にとっては、ホテルなどの予約を行ってくれる予約を行ってくれるコンシェルジュサービスは魅力的なサービスです。

ただし、年会費が割高ではありますので、どうしても三井住友プラチナカードが良いという方以外には、このカードを持つ価値はそこまでないかもしれません。

筆者のお勧めとしては、三井住友カードは三井住友VISAゴールドカードを保有し、プラチナカードはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードを保有する方法です。年会費もステータスもコパよく手に入りますので、今のところ筆者はこの2刀流で生活しています。

いずれはアメックスはプラチナカードを検討するかもしれませんが、当面家族ができるまでは必要ないかなという認識です。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!