マネパカードの評判!国内で使えない?香港・オーストラリアは?

マネパカードは、入会金・年会費が無料のプリペイドカードです。

国内のマスターカード加盟店でも、通常のクレジットカードとして使うことができます。また、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6種類をチャージすることができます。

そのため、アメリカ、ヨーロッパ、イギリス、オーストラリア、香港などでは、それぞれの対応通貨の国で使うことができます。ただし、他の国が使えないという訳ではなく、以下の国以外では利用が可能です。

  • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
  • イラン・イスラム共和国
  • スーダン共和国
  • シリア・アラブ共和国
  • クリミア共和国

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードのメリット

入会時の与信審査がなく簡単に作ることが可能

マネパカードはクレジットカードを作る際の与信審査がありません。

そのため、かなり簡単に作ることができるのがメリットです。しかも、15歳以上であれば誰でも作れますので、高校生でも作成することができます。

海外ショッピングでの手数料が安い

マネパカードは、海外での買い物をした際の決済手数料が安いのが特徴です。

通常海外旅行に行った際には現地で現地のお金に両替することなどもあるかもしれませんが、マネパカードであれば事前にお金をチャージしておくことで、安い手数料でお買い物が可能です。

プリペイドカードのため使いすぎの心配がいらない

マネパカードはチャージ式のプリペイドカードですので、海外旅行で使いすぎる心配がいりません。

クレジットカードの場合、限度額までならいくらでも利用できるため、つい使いすぎてしまうことがあります。ですが、マネパカードであれば、海外で使えるプリペイドカードのため安心です。

ICカードのためセキュリティーもしっかり

また、マネパカードはすごくセキュリティーもしっかりとしており、上場企業が運営しているので安心です。

万が一どこかで紛失してしまったり、盗難被害に遭ったとしても、24時間365日対応のサポートデスクに電話をすることで、連絡時点の残高を補償してくれます。

マネパカードのデメリット

チャージ分しか使えないので緊急時には不向き

マネパカードはプリペイド式であるために、自分自身がチャージした分だけしか使うことができません。

そのために、お金が急に必要になったときや、高い買い物をしたいという場合には不向きでしょう。チャージするのが少し手間なのもデメリットです。

前もって両替しておく必要性がある

マネパカードは前もって両替しておく必要性があるので、数日後に出国したいというときにはクレジットカードなどに劣るのがデメリットになります。

両替するのも面倒といえるでしょうから、手間がイヤという方には通常のクレジットカードの方がおすすめかもしれません。

対応していない通貨もあって少し不便

マネパカードは米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6種類をチャージできますが、それ以外には対応していません。

例えば東南アジアに行きたい場合やアフリカに行く場合など、マネパカードではそれらの通貨に対応していないので、余分な手数料がかかってしまうことが考えられます。

マネパカードの手数料について

マネパカードは年会費・入会金・チャージ手数料が無料で、簡単に作ることができます。通常の現金と比べるとはるかに手数料が安く、クレジットカードに比べても決済手数料が安いです。

使い方によっては、かなりお得に利用できますし、国内でも通常のクレジットカード(MasterCardブランド)として使うこともできるなど、利便性と安心感があるのが特徴でしょう。

マネパカードの使い方

マネパカードはブランドがMasterCardのため、海外でマスターカードの表示がされているレジで支払いに使うことが可能です。そして、マスターカードの表示があるATMであれば、海外現地でお金を引き出すこともできるため、いろんな使い方ができて便利です。

チャージ分しか使うことができないので、無駄遣いする心配もありません。クレジットカードよりも敷居が低いですし、学生の方なら海外留学の際にもマネパカードを活用できます。

さらに、日本国内でも手軽にマネパカードを使うことができるため、マネパカードはとても使い勝手が良いでしょう。

マネパカードがおすすめな方とは

マネパカードがおすすめな方は、カードを作るときに入会金や年会費を支払いたくないという方や、クレジットカードのように与信審査がないカードが良いという方です。

また、海外旅行によく行く方や、長期での海外留学をされる予定の方にはおすすめです。筆者の友人もイギリスへの長期留学でマネパカードを利用していました。

マネパカードであれば、カードを作る際に入会金や年会費などがいらないために、安心して作ることができます。そして、クレジットカードのように、面倒な与信審査もいりません。

マネパカードはプリペイド式でチャージ分だけしか使うことができないので、無駄なお金を使わなくて済むのも嬉しい点でしょう。フルチャージとカスタムチャージの2種類から選ぶこともできます。

さらにセキュリティーもしっかりしているために、できるだけ安全性が高いカードを使用したいという方にも、マネパカードはおすすめできます。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードの申し込み方法について

マネパカードに興味があるので申し込みたいという方も、かなり多いはずです。そのような方であれば、マネパカードをWebサイト上から申し込むことができます。

まず、こちらから公式サイトに移動します、そうするとカードの「お申込みはこちらから」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

その後各種同意事項に同意し、進んでいきます。そうするとマイナンバーカードや本人確認書類を添付することができるので、それらをアップします。

そうするとカード発行審査が開始され、問題なければ簡易書類でカードやログインするための口座番号、パスワードが郵送されます。1週間程度で自宅に届きます。

面倒な手続きなどがなく容易に作ることができるので、高校生なども持てるのがマネパカードです。便利でいろんな場面で活用でき、マネパカードは魅力も多いでしょう。

マネパカードの公式サイトを確認すると詳しく書いているので、まずはよく確認しましょう。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!