ラグジュアリーカードの評判は?3種類の違いやメリットとデメリットを解説

「ラグジュアリーカード」をご存知でしょうか。ラグジュアリーカードはクレジットカードの中でも最高ランクに位置するプラチナカードを指します。

みなさんも保持している一般的なクレジットカードがプラスチック製なのに対して、ラグジュアリーカードは金属でできています。金属製のカードは見た目のインパクトが強く、遠目から見ても一般的なカードとは明らかに違います。

そんなラグジュアリーカードの評判や3種類の違いをご紹介します。

ラグジュアリーカードとは?3種類のカードが存在

Luxury Card Mastercard Gold Card

ちなみにラグジュアリーには「贅沢な」「豪華な」「高級な」という意味があります。文字通りラグジュアリーカードは贅沢で豪華、高級なクレジットカードです。

もちろん見た目が豪華なだけではなく、付帯するサービスも贅沢です。後に詳しく記載しますが、一般的なカードとは一線を画した豪華なサービスを受けられます。ただし年会費は高いです。

年会費が高いけれど、それ以上の価値のあるサービスを受けられ、持っていることのステータスは計り知れないでしょう。まさに「持つ人を選ぶ贅沢なカード」と言えるでしょう。

ラグジュアリーカード3種類の違い

Luxury Card Mastercard Black Card ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードには3種類あります。「チタンカード」と「ブラックカード」、「ゴールドカード」の3種類です。

この中で最もクラスが上のカードはゴールドカードになります。ゴールドカード、ブラックカード、チタンカードという順番で格付けされます。

チタンカード

チタンカードの年会費は50,000円+税金です。

ブラックカード

ブラックカードは年会費100,000円+税金

ゴールドカード

ゴールドカードは年会費200,000円+税金となります。ゴールドカードは持っているだけで、年間20万円以上かかる最上級のカードです。

このうちチタンカードとブラックカードは申し込みをして審査が通れば手にすることができます。しかしゴールドカードは申し込みができない「インビテーション制」となります。

会社に選ばれた人にしか持てないカードということになります。このような年会費を鑑みると、筆者が保有しているセゾンプラチナビジネスアメックスは年会費2万円ですので、かなりコスパが良いことがわかります(笑)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの公式サイトへ

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

ラグジュアリーカードの評判

ラグジュアリーカードを持つメリット

Luxury Card Mastercard Titanium Card ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードを持つメリットは以下があります。

金属製のカードで高級感がある

まず何と言っても「金属製のカード」という点です。ホテルのフロントやレストランなどで、この金属製のカードを出す優越感は何物にも代えがたいのではないでしょうか。

金属製のクレジットカードはラグジュアリーカードだけですから、受け取った側は持ち主の経済力を一目で理解します。一般的なカードに比べて重さは約4倍あるため、受け取った側がズシリと重みを感じるでしょう。

話題になる

また、このカードを仕事仲間や仕事の集いで披露すると、「話に花が咲く」ことが間違いありません。

ほとんどの人が所有することができない金属製のラグジュアリーカードのため、注目を一身に集めることができるでしょう。どのようなサービスが使えるか、興味津々で話を聞いてくれるのではないでしょうか。

24時間対応のグローバルコンシェルジュがある

ラグジュアリーカードを持つ大きなメリットが「サービスが充実していること」になります。24時間365日いつでも対応してくれる「グローバルコンシェルジェ」は特に魅力的なサービスになります。

世界各地に拠点を持つ旅行会社と提携しているため、旅行中や出張中のホテルやレストランの問い合わせが現地で受けられます。コンシャルジェのスタッフが精度の高い素晴らしい提案をしてくれるでしょう。

さらにコンシェルジェサービスは電話対応にプラスして、メールでの受付があります。空き時間に連絡ができるため忙しい出張時などに嬉しいサービスではないでしょうか。

ラグジュアリーカードを持つデメリット

デメリット

一方でラグジュアリーカードを持つデメリットは、以下になります。

年会費が高い

まずはやはり「年会費の高さ」になります。

いちばん年会費が安いチタンカードでも年会費は50,000円必要です。コンシェルジェサービスを特に使わずに仕事ばかりしていた場合は、ラグジュアリーカードの持ち主というステータスは感じられるものの、年会費に支払った分の元を取れないと感じるかもしれません。

クレジットカードよりも重い

また、ラグジュアリーカードは金属製のため、先述した通り一般的なクレジットカードよりもかなり重いという点もデメリットになります。お財布に入れた時に、少し重いと感じられる人もいるかもしれません。

ラグジュアリーカードがおすすめな方

ラグジュアリー

ラグジュアリーカードの最大の魅力は先述した「グローバルコンシェルジェ」による精度の高い提案を受けられることです。

例えば、主要都市のホテルやレストランの予約の代行、スポーツ観戦時、オペラ観戦時のチケットの予約代行、国際便の紹介と予約など様々なサービスを受けられます。

さらにオペレーションをしてくれるスタッフはバイリンガルのため、言葉の問題もありません。そのため、このコンシェルジェサービスを受けられるメリットを最大に行かせる、「海外旅行に頻繁に行く人」「海外出張が多い人」がラグジュアリーカードを持つのにぴったりな人と言えるでしょう。

ラグジュアリーカードの申し込み方法

<公式>ブラックカードお申し込み

ラグジュアリーカードはマスターカード「ラグジュアリーカードホームページ」から申し込みが可能です。メールアドレスを登録し会員規約等に同意します。

規約同意|Mastercard Black Card

その後、名前と生年月日、性別、住所、職業や勤め先などを記載して申し込みをするだけです。

ラグジュアリーカードは個人向けのカードですが、法人代表者が持ち主になる時は、カードの氏名の上に法人名を入れることが可能です。ただし、あくまで個人向けなので、カード審査は個人の収入や勤務履歴を参考に行われます。

会社の決算書などを用意する必要がなく、利益を投資に回して赤字決算になっている場合でも、個人の収入がしっかりしていれば審査を通る可能性があります。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!