JALカードゴールドとプラチナを比較!マイルを貯めるならセゾンビジネスアメックスがおすすめ

JALカードのゴールドカードとプラチナカードはどちらがおすすめなのでしょうか?

筆者は30代に入ってからようやくマイルを貯め出した周回遅れのマイラーなのですが、もろもろ検討してクレジットカードを一つずつ増やしていっています。

結論としてはJALマイルは、還元率が1.12%となるセゾンプラチナビジネスアメックスで貯めようと考えたのですが、今回はJALカードのメリット・デメリットなどの特徴を踏まえて、それぞれの利用がオススメな人をご紹介します。

JALカード4種類の特徴と年会費を比較

普通カード CLUB-A CLUB-Aゴールド プラチナ
本会員年会費 2,160円(初年度無料) 10,800円 17,280円 33,480円
家族会員年会費 1,080円 3,780円 8,640円 16,740円
本会員対象*
18歳以上(安定継続収入のある方)
※高校生不可
左同 20歳以上(安定継続収入のある方)
※高校生不可
左同
家族会員対象* 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上) 左同 左同 左同
入会特典 最大2,100マイル 最大7,600マイル 最大8,600マイル 最大10,600マイル
旅行傷害保険 最高1,000万円(海外・国内)
※死亡・後遺障害の場合
最高5,000万円(海外・国内)
※死亡・後遺障害の場合
最高5,000万円~1億円(海外・国内) 最高1億円
救援者費用(海外旅行時) 最高100万円 最高100万円 最高150万円~400万円 最高200万円~1,000万円
ショッピングガード保険 最高100万円 最高100万円 最高500万円 最高500万円
特典 ・JAL/JTA機内販売商品10%割引
・国内空港店舗や空港免税店で割引
・ホテルニッコー &JALシティの割引・特典
・JAL国内・海外パッケージツアー最大5%割引
・JALビジネスきっぷ(当日予約・変更可能、マイルが100%たまる)

・JALビジネスクラス・チェックイン
・会員誌・オリジナルカレンダー

・空港ラウンジサービス

・プライオリティ・パス
・プラチナ・コンシェルジュサービス
おすすめの人 年会費を安く抑えたい方 海外旅行などへ年1回行かれる方 飛行機を年間で複数回利用する方 海外中心で飛行機をよく利用する方

*お申し込み対象者はカードの種類によって若干異なりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。

続いて、JALカードの種類を比較してみますが、JALカードの場合は当然JALの飛行機によく乗る人にとってはお得なクレジットカードとなっています。海外旅行にいかれる方ほどJALカードはゴールドやプラチナカードにした方がおすすめなのですが、そうでない方には通常のJALカードで良いでしょう。

還元率はデフォルトが0.5%のため、JALカード特約店などで利用しない限りはそこまで還元率はお得ではありません。

JALカードショッピングマイル・プレミアムとは

それ以外の特徴としては、JALカードには、JALカード会員の8割が入会するJALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円/税込)がある点です。

ショッピングマイル・プレミアムに入会すると、日常でのカードご利用分や、月づきの定期的なお支払いでも、ショッピングマイルが2倍たまります。ポイント還元率を気にされる方は、JALカードショッピングマイル・プレミアムの利用を検討されてみるのも良いでしょう。

ただし、年会費がかかるため通常はなかなか入りづらいかと思われます。筆者の場合はJALマイルはセゾンビジネスプラチナアメックスのカードを発行することで、コツコツと貯めています。

JALカードの口コミ・評判・感想はどんな感じ?

最後にJALカードのネット上の口コミをまとめてみましたが、基本的にはよくJALを利用する人に向いているクレジットカードです。

特に飛行機がANAよりJALの方が好きな方には、カードもJALカードの利用が向いていると言えるでしょう。そうでない方でゴールドカードやプラチナカードのステータスが欲しい方には、セゾンビジネスアメックスがおすすめではあります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!