ヘルシンキからタンペレに日帰り!午前中のみ滞在でヘルシンキ空港へ

ヘルシンキ滞在中はタンペレに日帰りトリップにいってきました。

最後までエストニアのタリン(こっちは船で日帰り可能)と迷いましたが、バルト3国はまたいつか別の時にいけばいいかと思い、ムーミン美術館で有名なタンペレへいってきました。

ちなみにフィンランドではVELTRAによるオプショナルツアーも利用が可能です。個人で色々と手配したり調べるのがめんどくさい方は、ツアーを利用するのも一手かとは思われます。

VELTRAの予約ページ:゜:*★フィンランドのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

タンペレに日帰りする際にチェックすべきサイト

ヘルシンキからタンペレへは、VRという列車にのっていきます。

下記の公式サイトにヘルシンキとタンペレを入力すると、時刻表を確認することができます。

https://www.vr.fi/cs/vr/en/frontpage

あらかじめ時刻表をチェックしておくことをおすすめします。

出発はヘルシンキ中央駅

VRのチケットはオンラインでも購入できますが、筆者は現地の券売機で購入しました。

特に難しくもなく、下記の券売機で購入できるかとは思われます。

ちなみにこちらの写真はタンペレ駅の方のVRのやつです。

フィンランド語と英語がありますので、英語表示を選択して行き先を選択してカード払いで簡単に購入できました。

そうして駅のホームに移動し、発車時刻に電車に乗ります。

平日だったからなのか?、列車はかなり空いていました。

車内はこんな感じで、たしか電源もあったかと思いますので、モバイルバッテリーを持参されていない方はここで充電しておくと良いかと思います。

ちなみに途中で車掌さんが切符の確認をしにきましたので、チケットは必ず購入しておきましょう。

到着はタンペレ駅

これってタンペレって読むのでしょうか…?

一瞬焦りましたが、ここがタンペレ駅のようでした。

筆者はそもそもタンペレ行きの電車にのったので、最後の駅でみんな降りた感じですが、若干ふあんになりました。

一応タンペレ駅には待合スペースやら、飲食店やらがありますので、帰りは多少ここでも時間を潰すこともできたりします。

帰りはTampere→Tikkurila→Helsinki Airport

筆者は帰りはタンペレから直接ヘルシンキ空港に向かいましたので、途中のTikkurilaで乗り換えました。

発音はトリックリラみたいな、まあヘルシンキ中央駅からそう遠くない駅ですので、わかるかとは思います。

筆者の際は乗り換え時は違うホームでしたので、その点にだけ注意が必要です。まあ空港に行く感じの人々が多いのでわかるかとは思います。

ちなみにヘルシンキの列車は時間通りに出発しますが、いささか早く着いた気がします。

到着時刻ぴったりに着くわけではなさそうでしたので、降りる駅を間違えないようにしてくださいね。

タンペレ駅前にはタンペレの観光地図あり

タンペレ駅前には、タンペレの観光地図がありました。

主要観光スポットは、だいたい歩いて回れるかなあ?という感じです。1日いるようでしたら、R kioskでバスのワンデイパスなどを購入しておくと良いかもしれません。

というのも、北欧はどこもそんな気がしますが、バスでチケットを購入できないので、あらかじめICカードみたいなのを持っておく必要があるからです。

なお、筆者が訪問した際は、タンペレ駅の前は若干工事中みたいな感じでした。ただ、個人的にはヘルシンキよりもタンペレの方が雰囲気が好きでしたね。

タンペレのおすすめ観光スポット

タンペレのおすすめ観光スポットですが、ムーミン美術館以外でしたら、タンペレの展望台かなあと思います。

ちなみにこちらの展望台は遊園地の中にあるやつでして、有名なドーナッツがある方ではありません。

入場料は5〜6ユーロぐらいで、11時からしか空いてませんので時間だけは注意が必要です。

ただ、タンペレの街並みを上から見たいという方には、こちらのタンペレの展望台は割とおすすめかもしれません。

タンペレの展望台からの景色はなかなか綺麗です

タンペレの景色は綺麗でしたので、上からタンペレの街を見たい方は訪問して見ても良いのでは無いでしょうか。

たぶんバスで訪問しても良いですが、駅から歩いて20分ぐらい?で到着します。筆者は街を見ながらいきたかったので、普通に歩いて行きました。

近づいてくると展望台が見えますので、そちらに向かって歩いて行きます。

タンペレの展望台は遊園地の中にあります

ちなみに、タンペレの展望台は遊園地の中にありますので、フィンランド人ファミリー?などをよく見かけました。

なお、タンペレの展望台はムーミン美術館とは逆サイドにありますので、その点は注意が必要です。

もう少し余裕をもって滞在するのであれば、全然時間的に大丈夫かと思いますが、筆者は弾丸で午前中だけいきましたので、さっさと歩いて回りました。

ムーミン美術館はとても素敵な空間

続いて、展望台とは逆サイドにあるムーミン美術館にも訪問しました。

ムーミン美術館はとても素敵な美術館で、筆者が今回は北欧旅行でいった中でもかなり好きな部類の空間でした。

残念ながらムーミン美術館の中は写真をとれないのですが、入り口らへんまでは写真をとることができます。

海外の美術館では珍しく日本があり(中国語がない…!)、日本人の方もちらほら見かけました。

基本的に他の北欧の国では日本人を見かけることがほぼありませんでしたので、ムーミン美術館では珍しく見かけた感じです。

ムーミン美術館に入ると、フィンランド人のお姉さんが英語であれこれ簡単な説明をしてくれます。

ムーミン美術館にはカフェも併設

ちなみに、ムーミン美術館にはカフェが併設されていますので、ゆっくり滞在できる方はここでランチなんかも堪能しても良いのでは無いでしょうか?

筆者は時間がなかったので、さくっとこちらのパンをいただきました。

なお、味はあまり美味しくはありませんでした(え。

基本的に日本より美味しい食べ物が食べられる海外はあまりなく、北欧もその例外ではないということでしょう。

まあ味はあれですが、雰囲気やら建物の美しさは、やはり目を見張るものがあります。

最近はフィンラインドのヘルシンキへの直行便(フィンエアー)も増えているようですので、ぜひヘルシンキにいった際はタンペレにも訪問してみてくださいね。

ツアーはこちら:゜:*★フィンランドのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!