ベルリンからポツダムへの行き方はS7でサンスーシ宮殿は695番バスで日帰り可能

ベルリンではポツダムに日帰りで行きましたので、行き方などを記しておきます。

ベルリンはそこまで見るところもなかったので、半日かけてポツダムに行っていました。サンスーシ宮殿が有名みたいなので、時間のある方は足を伸ばしても良いかと思います。

ベルリンからポツダムはかなり近いので、ふらっと午後からでも行けます。東京と横浜ぐらいの感覚でしょうか? 切符はABCゾーンで使える切符を購入しておきましょう。

ベルリンからポツダムへの行き方はS7

ベルリンからポツダムへはS7でいけます。ポツダム中央駅について、サンスーシ宮殿に行く場合は695番のバスに乗り、途中で降ります。

駅からは18分程度ですので、乗り継ぎがうまくいけば1時間程度で到着できます。 ちなみにドイツのバスの運転手はあまり愛想は良くないです。

ドイツはお店で英語で話しかけても基本的にドイツ語で全部返されますので、なんだかフランス的な感じがする国ではあります。

ポツダムの見どころはサンスーシ宮殿

そもそもポツダムのサンスーシ宮殿とはなんでしょうか? Wikipediaによると、下記の説明がなされています。

サンスーシ宮殿(サンスーシきゅうでん、独: Schloss Sanssouci)は、ドイツ北東部の首都ベルリンから南西約30km、ブランデンブルク州の州都ポツダム市街の西に広がるサンスーシ公園北東部に建つロココ建築の宮殿。

「サンスーシ(Sans Souci)」とは、もともとフランス語で「憂いなし」を意味し、日本や中国では漢訳して無憂宮とも呼ぶ。1990年に、宮殿の建物および庭園は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の1つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

サンスーシ宮殿は実際に行くととても綺麗なところでしたが、ロシアのエカテリーナ宮殿などに行ってしまった筆者としては、若干しょぼめという感想です。え

ちなみにチケットを購入後、エントランス時間が決まっていますので、その時間になったら宮殿には入れます。まあミニ宮殿みたいな感じです。

余談ですが、筆者の旅行シーズンによるのかもですが、今回のベルリンでは日本人とはほぼ遭遇せずに終わりました。ヨーロッパは日本の梅雨の季節に訪問するのがおすすめですね。

ベルリンとポツダム観光は1日あれば行けるかも

ポツダムという街は、なんとなく街が落ち着いていて、なんとなくベルリンより綺麗な人が多かった気がします。

ベルリンに多少滞在する人は、ふらっとポツダムに出かけて見るのはありなのではないでしょうか。

なお、今回は午前中にベルリンを散歩したのちに、午後からポツダムに行きましたが、それぐらいのタイムスケジュールでもわりと観光スポットは回れるようには思います。

ただじっくり要所要所を見たい人には筆者のような弾丸スタイルはあんまりよくないのかもしれません。

時間があればブレーメンに足を伸ばすのも良いかも?

また、ブレーメンなど、ドイツの他の都市にいってみるのもありかもしれません。筆者としては時間があればブレーメンには行ってみたかったなあとは思います。

なかなか行く機会がない街かと思いますので、また時間をとってヨーロッパはぷらぷらしたいなあとは思っています。

個人的には全体的にベルリンよりもミュンヘンの方が町としては好きだった気がします。ミュンヘンでは日本人もちらほら見かけましたし、日本人が好きそうな町なきはします。

ただ、ベルリンは誕生したばかりの都市ですし、数年後にはうんと発達しているかもしれません。また様変わりした時らへんにきてみたいなとは思います。

ベルリンにはスタートアップなども誕生しているようですし、今後が楽しみですね。皆さんも自分にあった旅行スタイルでぜひ楽しんでくださいね。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!