キャッシュパスポートの評判は悪い?メリットとデメリットを解説

キャッシュパスポートの良い評判と悪い評判を調べてみました。

ちなみに筆者の場合は海外旅行や海外留学のプリペイドカードにはマネパカードを使っています。マネパカードも同じく年会費無料です。キャッシュパスポートでなくマネパカードを使う理由は、マネパカードであれば国内のマスターカード加盟店でクレジットカードとしても利用することができるからです。

キャッシュパスポートは良い評判もあれば悪い評判もあるカードですので、もっと良いプリペイドカードを探している方には、海外での決済手数料も安く、年会費無料のマネパカードの方がおすすめです。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードの詳しい口コミへ

キャッシュパスポートの良い評判

キャッシュパスポートの悪い評判

キャッシュパスポートのメリット3つ

メリット

第一にメリットとなるのが、発行までにかかる期間がおよそ1週間とスピーディな点です。

1. 素早く発行できる

同じマスターカードブランドでも、クレジットカードを発行する場合と比較して素早く発行することができます。

そのため、発行を急いでいる方にはおすすめです。ただし、この点についてはマネパカードもプリペイドカードで与信審査がありませんので同じです。

2. Tポイントが貯まる

キャッシュパスポートは利用する毎に200円につき1ポイントのTポイントが貯まることもメリットです。

現金の使用でポイントが貯まらないのは国内も海外も同じですが、キャッシュパスポートを利用すればお得にお金を使うことができます。

3. 海外現地のATMで現地通貨を引き出せる

また、マスターカードに対応している海外現地のATMを利用して、海外の現地通貨を下ろせることもメリットになります。

海外旅行などで毎回両替所を探したり、両替所に足を運んだりする面倒がなく現金を下ろせるため、旅の利便性や安全性が高まります。

キャッシュパスポートのデメリット3つ

デメリット

キャッシュパスポートにおける最大のデメリットは、利用できる場所が海外に限られ、日本国内で活用できないことです。

1. 日本国内で利用することができない

チャージしたお金が余ってしまった場合には、帰国後にそのお金を使うことができず、払い戻しを依頼しなければなりません。その払い戻しに関しても清算手数料がかかるため、気軽に清算しにくいこともデメリットと言えるでしょう。

2. 清算手数料がかかる

清算手数料は540円と決して高額ではありませんが、数百円程度の残金を引き出そうとした場合には赤字になることもあります。

3. チャージは日本国内でのみ対応

また、チャージには日本国内でのみ対応しており、海外のATMを使ってキャッシュパスポートに送金することは原則としてできません。ネットバンクを経由すれば海外からでも入金ができますが、Wi-Fiなどの接続環境が必須となることも事実です。

ネットが繋がらない場所ではチャージすることができないので、キャッシュパスポートを使いたいタイミングで使えないという問題も起こり得ます。

キャッシュパスポートとマネパカードの違いを比較

マネパカード

同じマスターカード系列のキャッシュパスポートとマネパカードですが、細かく見ると明確な違いも見つかります。

1. 年齢制限の有無

例えば、キャッシュパスポートは年齢制限なしで入会できますが、マネパカードは15歳以上に入会者を限定しています。そのため、家族旅行の際などにお子さんを連れて行く場合、より使い勝手が良いカードはキャッシュパスポートになります。

2. 対応通貨数

使える通貨の種類にも違いがあり、マネパカードよりもキャッシュパスポートの方が対応できる通貨数は多いです。具体的には、ニュージーランドドル、カナダドル、シンガポールドルが、キャッシュパスポートにあってマネパカードには無い使用可能通貨です。

3. 保険の有無

一方で保険に関しては、キャッシュパスポートをマネパカードが一歩リードしています。キャッシュパスポートにはショッピング保険が付いていませんが、マネパカードには50万円までの補償が付きます。

4. 国内で使えるかどうか

最後に、上述したようにキャッシュパスポートは日本国内では使うことができません。日本国内でもクレジットカードとして使いたい方には、マネパカードの方がおすすめです。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

キャッシュパスポートがおすすめな方

キャッシュパスポートはマスターカードが利用できる海外のお店なら、どこでも利用できるプリペイドカードです。

スキミングや盗難などの被害を防ぐためにクレジットカードや現金を海外で持ちたくないという方には、おすすめできます。もちろん、何らかの事情でクレジットカードを発行できない、あるいは持っていないという方にもおすすめです。

多くの通貨に対応したプリペイドカードであるため、旅行が趣味な方や、出張などで頻繁に海外へ出掛ける方とも相性が合います。払い戻しには手数料がかかりますが、常にお金をチャージしながら定期的に利用する方にとっては問題ないでしょう。

また、24時間体制で事務局からのサポートを受けられることもキャッシュパスポートの特徴です。金銭面などのトラブルに巻き込まれた場合には、キャッシュパスポートを持っているだけでアドバイスを受けられるため、安心を買いたい方にもおすすめです。

キャッシュパスポートのプラチナの口コミはこちら

キャッシュパスポートの申し込み方法

まずはキャッシュパスポートのホームページにアクセスし、申込コードを入力して発行手続きへと移ります。性別や氏名、生年月日等を入力して内容を確認し、申込に同意するという手続きを踏むだけで、簡単に発行を依頼することができます。

説明や入力はすべて日本語で行うことになりますので、英語が苦手な方も心配する必要はありません。クレジットカードとは違い、在籍確認などの審査は一切行われません。

そのため、記載した情報に誤りなどがなければ、約1週間ほどでキャッシュパスポートが到着します。なお、キャッシュパスポート到着後には、再びホームページにアクセスしてカードを有効化させることを忘れないでください。

この作業を怠ってしまうとチャージや使用ができませんので、海外にお出掛けするよりも前に有効化を確実に済ませておきましょう。

>>おすすめの海外専用プリペイドカード比較はこちら

by
関連記事

コメント3件

  • 安月 直子 より:

    キャッシュパスポートプラチナ最悪です。
    PCで申し込み、個人情報書類も提出してカードが送られてきたまでは良かった。
    ですが、その後の有効化が出来ず、電話で問い合わせしても折り返すと言うまま
    返事は来ない、メールで問い合わせしても返事がこない。
    また電話しても27分以上待たされた挙句切られた。そして、修学旅行には間に合わず・・・個人情報を取られただけなような気がしてならない。

  • 後悔だけ より:

    キャッシュパスポートプラチナ最悪です。返金処理が出来ない!
    オペレーターは話す時時間差あってイライラするしメールも担当が違うから口座とか名義とカード番号とか何度も同じ内容聞かれて2ヶ月たってるのにお金戻って来ないんだけど‼️

  • ぴこ より:

    娘の修学旅行の為に申し込みました。高校でチラシをもらい、良さそうだと思い申し込み。マイナンバー提示など気になることはありましたが、手続きはつつがなく終わりカードが届きました。
    結局、修学旅行には現金も持参した為、カードの出番はなく、今後の使う予定もないので解約手続きをしました。1月初めにFAXにて用紙を送信。その後音沙汰なし。もちろん返金もなし。不安になって、2月初めにメールにて問い合わせ。返金口座名義が母親だったので滞ってるとのこと。改めて、本人名義の口座番号をメール。その後の連絡はありません。今3月中旬ですが、未だに返金も解約もされていません。
    こんなことってありますか???
    私は仕事をしているので、なかなか昼間の電話が出来ず、メールでのやりとりになりますが、あまりの酷さに困惑しています。とにかく、お金のことなので早く解決したいです。
    今後は、チラシやネットの甘い言葉に騙されないように気をつけます❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    error: Content is protected !!