キャッシュパスポートプラチナの評判は悪い?メリットとデメリットを解説

年会費無料のプリペイドカードはいくつかありますが、キャッシュパスポートもその一つです。

今回はキャッシュパスポートに年会費無料のプラチナカードが出ましたので、そちらの評判やメリットとデメリット、保有がおすすめな方をご紹介します。ちなみにキャッシュパスポートは便利なプリペイドカードではありますが、今の所国内で利用することができません。

そのため、国内のクレジットカード兼海外のプリペイドカードとしてカードを利用したい場合は、同じく年会費無料のマネパカードを利用されるのがおすすめです(筆者もマネパカードホルダーです)。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

マネパカードの口コミへ

キャッシュパスポートプラチナの口コミ

キャッシュパスポートプラチナについては早くもネット上で口コミを確認することができました。

キャッシュパスポートプラチナのメリット

年会費無料・発行手数料無料・銀行口座開設不要

まず、キャッシュパスポートは無料で発行が可能です。銀行口座解説も不要ですのでとても簡単に作れます。

1枚のカードで9通貨に対応

続いて、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZどる、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルに対応しています。そのため、それらの通貨を使うエリアに旅行や留学に行く場合は便利です。

レートが悪い両替屋や海外ATMを使う必要がない

普段海外によく行かれる方はご存じだと思いますが、いざ海外へ到着して両替しようとすると意図せずにぼったくりのようなレートで両替してしまうことが多々あります。

怪しい外貨両替屋はもとより、最近ではヨーロッパの空港のATMでも相場より10%程度も高いレートを取られてしまうこともあります。そんな時にキャッシュパスポートプラチナなどのプリペイドカードがあると便利です。

海外現地ATMから現地通貨を引き出せる

キャッシュパスポートプラチナを使えば、世界210以上の国や地域のMasterCard対応のATMから適正なレートと手数料で現地通貨を引き出せます。

国によってはMasterCardが使えないようなお店が多い場合もありますが、そのような場合に気軽に現地通貨をATMから引き出して買い物や支払いができます。

MasterCard加盟店ではクレジットカード決済が可能

海外というとどうしても盗難やぼったくりなどの犯罪被害が気になりますね。あまり外国慣れしていない観光旅行の場合などは特に気を付けなければなりません。

そのため当然あまり多くの現地通貨を持ち歩かないようにする必要がありますが、キャッシュパスポートプラチナを利用すればそういう心配が少なくなります。例えばMasterCard加盟店が多いような国や場所に行く場合は特に便利です。

キャッシュパスポートプラチナのデメリット

デビットカード

国内で使えない

一方デメリットですが、一番のデメリットはやはり国内で使えない点です。国内で使えるプリペイドカードをお探しの方は、マネパカードを利用されるのがおすすめです。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

チャージ金額が不足すると使えない

また、キャッシュパスポートプラチナは一般的な電子マネーのようなプリペイドカード方式ですので、チャージ金額が不足すると当然使えなくなります。

チャージは銀行振り込みやネットバンキングで指定口座に入金することにより可能ですが、思わぬアクシデントで入金できないこともあります。例えば、スマホが故障したり通信状況が悪くてネットに接続できなかったりしたような場合は、チャージできませんので注意が必要です。

13カ月以上利用がない場合は月間カード管理手数料が取られる

キャッシュパスポートプラチナは、入会金や年会費などは無料なので気軽に作れる一方、長期間利用しない場合は毎月手数料が取られます。13カ月から毎月100円(税抜)またはその外貨相当額が口座から引き落とされます。

残高がそれ以下の金額の場合は引き落とされません。ですので、この手数料を回避するには残高を常に100円以下にしておく必要があります。

解約金500円(税抜)がかかる

また、解約するときに清算手数料として清算金から500円(税抜)が引かれます。

このように、キャッシュパスポートプラチナはある程度長期間利用しないと管理手数料や清算手数料を取られるので、海外に頻繁に行く方向けのプリペイドカードと言えます。

キャッシュパスポートプラチナの手数料について

ブラックカード

発行手数料や入金手数料・再発行手数料などは無料

  • 申込時のカード発行手数料
  • 日本円などの入金手数料
  • 初回申込時のスペアカード発行手数料
  • 紛失や盗難などによるカード再発行手数料
  • 月間カード管理手数料(利用しない状態が続いた場合13カ月目から有料)
  • 24時間365日のサポート など

以上のような手数料は無料です。

海外現地ATM手数料は有料

一方で、ATMで現金を引出す場合の手数料はかかります。

  • 日本円:200円
  • 米ドル:2.00ドル
  • ユーロ:1.75ユーロ
  • 英ポンド:1.50ポンド
  • 豪ドル:2.50ドル
  • NZドル:2.75ドル
  • カナダドル:2.00ドル
  • シンガポールドル:2.50ドル
  • 香港ドル:14.00ドル

また、上記に加えて利用する海外現地のATM手数料がかかることがあります。

為替手数料は4%

為替手数料は、Mastercard当日標準決済レートに基づいて4%がかかります。為替手数料は、例えばカナダでカナダドル残高から決済するときにはかかりません。カナダで日本円残高から決済するときにはかかります。

カード払戻手数料は500円

さらに、カード払戻手数料が500円(税抜)かかります。これはカード残高の通貨を払い戻す場合にかかる手数料です。これに加えて、振込手数料も利用者側の負担になります。

マルチカレンシーキャッシュパスポートとキャッシュパスポートプラチナの違い

ゴールドカード

マルチカレンシーキャッシュパスポートも、キャッシュパスポートプラチナと同様のプリペイドカードですが手数料などで違いがあります。

初回入金や再入金手数料がキャッシュパスポートプラチナは無料なのに対して、マルチカレンシーキャッシュパスポートは額面の1%が手数料としてかかります。銀行振込による再入金手数料も1%が取られます。

利用しない状態が続いた場合の13カ月目からの月間カード管理手数料はプラチナが毎月100円(税抜)なのに対して、マルチカレンシーは150円または外貨相当額がかかります。この他の手数料や取扱通貨などは、原則としてキャッシュパスポートプラチナと同様です。

また、キャッシュパスポートプラチナはMastercardPrepaidManagementServicesJapan株式会社が販売している一方で、マルチカレンシーキャッシュパスポートはトラベレックスジャパン社が販売しています。

キャッシュパスポートプラチナがおすすめな方

ビジネスカード

両替手数料や現地での生活の観点から言えば、長期で海外に行かれる方は、キャッシュパスポートプラチナを利用した方が色々と便利でしょう。また、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルが一元管理できるので、これらの国々によく行かれる方にもおすすめです。

他には、海外に行くのが初めてで外貨両替とかよくわからないという方や、犯罪被害に遭いたくないのでなるべく現金を持ち歩きたくないという方にもおすすめです。海外に行くと予想外のトラブルに巻き込まれることもよくありますので、そういう時にキャッシュパスポートがあると心強いです。

また、気軽に為替を扱えるので、為替投資知識がある方は円高の時に多めにチャージしておいて、円安時にそれを海外で使うといった手法も取れます。ただし、長期間利用がない場合は13カ月目から手数料を取られますのでくれぐれもお気をつけてください。

海外旅行や海外留学に行くとなった時に、考えなければいけないのが外貨両替です。海外滞在が初めての方からベテランの方まで外貨両替は常に面倒くさいものです。キャッシュパスポートは、そんなときに便利な外貨両替のプリペイドカードです。

ただし、国内でもクレジットカーとして利用したい方は、マネパカードを利用されるのがおすすめです。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

キャッシュパスポートプラチナの申し込み方法

キャッシュパスポートプラチナのお申し込みは簡単です。申し込みはキャッシュパスポートプラチナのウェブサイト上で行えますので、まずは公式サイトに移動します。

お客様情報の入力

その後、「お申し込み」ボタンをクリックしお客様情報を入力していきます。

本人確認書類とマイナンバーが必要

申し込みには途中で運転免許証などの本人確認書類と、マイナンバーが必要になります。それらの画像を提出し、申し込みの確認が取れたら、7営業日以内に書留郵便が自宅に郵送されてきます。

マイナンバーは国外送金等調書法によって確認が義務付けられていて必ず必要になりますので、注意してください。マイナンバーカードをまだ持っていない方はお近くの市役所などで取得が可能です。

紛失した方も各市町村で通知カードを再発行できます。キャッシュパスポートは色々と便利なカードではありますが、上述したように国内では今の所使えませんので、筆者個人的なおすすめとしてはマネパカードかなという所感です。

公式サイト(マネパカード):https://card.manepa.jp/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!