ブリュッセルからアムステルダムまでの行き方は?電車で安く簡単に行けますよ

ブリュッセルからアムステルダムへの行き方を残しておきます。

ブリュッセルからアムステルダムへも電車で行けます。全然安く簡単にいけますのでおすすめです。

筆者は再びレイルヨーロッパでチケットを購入しておきました。レイルヨーロッパは日本で日本語で購入するならかなり便利ですので、日本で旅程を決めたい方にはオススメです。

公式サイト(レイルヨーロッパ):https://www.raileurope-japan.com/

現地でいろいろと聞いたり切符を買う手間を考えると、多少の手数料は許容範囲かと思います。

ブリュッセルからアムステルダムへの出国手続きはなし

ブリュッセル

ここは筆者も気になったのですが、ブリュッセルから電車に乗る時に出国手続きはありません。

もはや完全に国内旅行な感じで移動できます。正直、この近さで隣の国に行ったことがないというヨーロピアンの多さに、個人的には驚きでした。

ただ「アジア⇄ヨーロッパ」ほどのカルチャーショックがないせいか、ヨーロピアンにとってはあんまりEU内での海外留学は有効な手法でもないのかなと、ふと思ってしまいました。

自分の席に人が座っていても大丈夫(というかよくあること)

また、こういう海外の列車はわりと勝手に自分の席に座られていることもあります。その際は自分の席だと伝えれば別に大丈夫です。

ちなみに電車に乗っている間も特にチケットの確認はなく、これはマジでタダ乗りできちゃうんじゃないかという緩さでした。このようなゆるさだから移民が移動したりテロが発生するのではなかろうかとは思いましたが。。

中国の荷物チェックの凄まじさについては今度書こうかとは思いますが、なんというか中国とかの厳しさとは全然違います。。

アムステルダムはブリュッセルより便利な感じ

ホテル

この時は7月ぐらいでしたが、アムステルダムに最初についた印象は、正直「寒い」でした(笑)

海が近いのでアムステルダム中央駅周辺はちょっと寒いんです。まあ綺麗な街並みも見えますし、  都会っぽい建物もたくさんあります。 最初の印象は「便利そうな都市」だな〜という感じでした。

しかしまあオランダというと、大麻、売春、安楽死が合法な国で、カジノもいたるところにあるのが有名です。 売春で有名なレッドライトディストリクトの通りは中々斬新でした。

アムステルダムには大麻が吸えるCoffee Shopがたくさん

アムステルダム

また、大麻が吸えるコーヒーショップも街のいたるところにあって、大麻の匂いが充満していてちょっといやでした。しかし、こういうスポットを観光地化してしまうことで、逆に安全さは取り戻せているようには思います。

ある意味賢い国家戦略と言えるでしょう。街中でには日本食レストランも良くあり、日本食がよくスーパーで売っていたりもしました。

個人的にアムステルダムに住みたいとは特に思いませんでしたが、便利なことは確かですし、オランダという国自体には今後の可能性も感じました。

オランダという国には今後の可能性を感じた話

例えば、イスラエルやエストニアなどのテクノロジードリブンの国家は今後も繁栄するでしょうし、オランダは自由さとテクノロジーで今後も国家として近代化していくのかなあという印象です。

個人的にはベルギーよりオランダの方が、今後の可能性としては感じる国だなあという印象を持ちました。まあ観光で行く分にはベルギーはのどかで良いとは思いますが、仕事で行くならオランダかなあという印象ですね。

ベルギーはベルギーでチョコレートやムール貝とかは美味しいですけどね笑

アムステルダムのおすすめホテルは特にないかも…

アムステルダムでは、筆者は綺麗だけど狭い感じのホテルに泊まって失敗した感じでした。筆者が泊まったのは、ホテルファイン シーズン(Hotel Fine Seasons)です。

ここは値段はケチらずに最低でも4つ星以上のホテルを狙った方が良いかなあーという感じです。もちろんひとり旅で節約したい方などには3つ星でも良いかもしれませんが、あんまり狭いのでおすすめはしません。

ホテルはいつも通りAGODAで予約しました。AGODA自体は日本語で予約できるの便利でおすすめです。

公式サイト(AGODA):https://www.agoda.com/ja-jp/

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!