ベルリンの安いおすすめホテルに宿泊したらドアの鍵が開かない問題に遭遇

ベルリン訪問記です。筆者はベルリンのホテルもAgodaで予約して訪問しました。

予約したのは「アジムット ホテル クアフュルステンダム ベルリン (AZIMUT Hotel Kurfuerstendamm Berlin)」です。

まあ若干昔ながらのホテル感はありましたが、特に不便はありませんでした。ただし、ドアの鍵の開け方が超絶むずかったので、ドイツのドアの鍵の開け方のコツを残しておきます。

ちなみにこれはカードキータイプのホテルではなく、昔ながらの鍵タイプのホテルのお話です。カードキータイプなどが良い方は4つ星ではなく5つ星ぐらいが多分おすすめです。

公式サイト(AGODA):https://www.agoda.com/ja-jp/

ドイツのドアは簡単に開けれないので注意

ドイツのホテルのドアは、簡単にあきません。筆者はまず一度はフロントの人に助けてもらい、2〜4回目は廊下ですれ違う人に助けてもらう始末でした。

筆者の宿泊した部屋がちょうど人通りの多い部屋だったため助かりましたが、ホテルの鍵がカードキータイプで無かったというのがそもそもの問題でした…

ちなみにミュンヘンでは全くそんなことなく、とても綺麗なホテルで良かったです。angelo by Vienna House Munich Leuchtenbergringに泊まりましたが、とてもとても快適でした。

空港からのアクセス良し、駅まで徒歩3分、主要観光スポットにも電車ですぐ行け、目の前にスーパーもあってお部屋も綺麗でした。 さて、話を鍵の話に戻します。

ドイツのドアの鍵の開け方のコツとは?

ドイツのドアの鍵の開け方のコツは、

  1. 鍵を差し込み2回転できる方と反対方向に、鍵を1回転弱回す
  2. そうすると鍵が回らなくなるので、そこで一旦鍵を引く
  3. 鍵を引いた状態だとまたちょっとだけ回るので、それを回してドアを押す

これで、中に入れます。鍵を引くというのがポイントです。

ちなみに、鍵を2回転させて、どちらで鍵が閉まるのかはちょっと分かりませんので、このやり方で開かない時は別の方に2回転させてチャレンジしてみてください。

ドイツの鍵は2段階式で鍵が伸びるようになっています。

ドイツ語しか話そうとしないドイツ人達だけど…

ちなみに筆者がこのコツに気づけたのはGoogle先生のおかげではなく、通りすがりのドイツ人のおかげでした。 検索してもどの記事にも「鍵を引く」という単語がなかった…

ドイツ人はこちらが英語で話しかけても一言も英語は話してくれない人が多いのですが、筆者が助けを求めたドイツ人達も案の定100%ドイツ語で手伝ってくれて、実際に鍵を開けてくれました。

ただ、その際に「なんとかなんとかだよ!」みたいなことをドイツ語で言ってくれて、筆者の直感から、これはもしかして「鍵を引くんだよ!」みたいなことを言っているのか?!と気づき、なんとか部屋に入れるようになりました。

ドイツ人はドイツ語しか話さないけど(ここらへんはフランス人と似てる気がする)、いい人達でした。

ちなみにミュンヘンのホテルは英語も余裕で通じましたので、とりあえずミュンヘンのホテルのangelo by Vienna House Munich Leuchtenbergringはオススメしておきます。

それではドイツで筆者のような被害者がでないことを、願ってやみません。

続いてベルリンでのおすすめ観光スポットや、良かったところや不便だったところなどの感想を備忘録がてら書いておきます。

ベルリン観光はまあ1日で良いかも?散歩が楽しい

アムステルダムからベルリンへの移動は、アムステルダムもベルリンも空港まで近いこともあったので筆者は空路を利用しました。

ですが、もしかしたらPC持ってる人は電車でカタカタ作業しながら移動しても良いのかもなぁとも思います。まあ日本から直に行く人にとっては関係ないと思うんですが…

あと、ベルリン観光はまあ1日でいいのかもなあ?という感じです。近くに電車でいけるポツダムがありますので、ポツダムはありかと思います。

ベルリンの主要スポットはだいたい歩いて回れますので、街を散歩するのが好きな方などはベルリンは楽しいかもしれません。筆者の場合はドイツ人に案内してもらいましたが、まあその点は結構面白かったと思います。

ただ、個人的にはミュンヘンのが綺麗だったので好きかもしれませんね。ベルリンは結構工事中の場所が多く、思っていたほど都会という訳でもなかったのです。

まあ暮らすのにそんな不便はなさそうですが、個人的にはオランダの方が便利だなぁと思った次第です。あと街自体はミュンヘンの方が綺麗でしたね。

写真は後日アップロードしようと思います。

ベルリンは思ったほど都会ではなかった

ドイツ語がわからないとちょっと困る時がありますが、ドイツは全体的に便利な国でした。

ベルリンに関しては東京並みに都会ではないんですが、まあそんなに不便はしないレベルでした。 「住みたいか?」と言われたら特に住みたくはない都市でしたので、まあ一回旅行に行けばいいかなあという感じです。

ただ、まだ若い都市かと思うので今後発展するのかもしれません。以下ベルリンで不便に感じたところです。

歩行者用の横断歩道の青信号が3秒で変わる

青になったと思った瞬間に赤になるので、ちょっとこの信号は何なんだろうとは思ってしまいます。

トイレに1ユーロかかるので注意

日本のトイレは無料で基本的に綺麗ですが、ヨーロッパのトイレはトイレに入るのにお金を払わないといけなかったりします。

「なんなんだこの文化は…」と日本人は思ってしまうかもしれませんが、それだけ日本人は恵まれているということなのでしょう。

切符の刻印機が面倒

切符を購入した後に刻印機で打刻をしなければなりません。

電車内で抜き打ち検査とかがあるので、忘れずに行うようにしましょう。まあ正直このシステムはもっと効率化できるだろうなあとは思います。

電車が急遽止まって規定路線を走らなくなる

日本の電車は素晴らしかった…ググったところスイスも電車は正確らしいです。ちなみにアメリカとかでもそうですが、電車内に自転車が乗れるところが日本とは結構違う気はします。

イギリスでは犬が乗ってます(ちなみにイギリスでは大人料金を払う必要があります)。 また、電車内でご飯を食べたりするのが普通なのですが、日本では誰もやっていません。

まあこれはどっちが良いのか分かりませんが、日本ではそのようなことがないから電車内も綺麗なのでしょう。

ベルリンのレストランはそんなに美味しくもないかも

やはり日本はご飯のクオリティがかなり高い国のためか、残念ながら日本人である自分は相当グルメになってしまったようには思います。

ビールが美味しいことは確かかと思いますが、さしてご飯がうまいということはありませんでした。

一応ビール以外にはシュニッツェルがおすすめぽい

ドイツ人の友人2人に「何かオススメの食べ物ある?」と聞いたら、豚カツみたいな食べ物の「シュニッツェル」を教えてもらいました。

これも食べたんですが、まあそこまで美味しくもないという感じでした(笑)全然不味くはないんですが、日本のトンカツの方が美味しいかもしれません。

ヨーロッパでたこやきはありかも

ちなみに、インドネシアではたこ焼きとかが流行っているようなんですが、ヨーロッパではあまりたこ焼きやたい焼き屋を見かけません。

きっと上手くプロモーションすれば流行るような気はするんですが、中々ないのが残念です。

しかしまあドイツは東西南北でカルチャーが違うという感じなので(まあ日本も北海道と東京と大阪と沖縄は違うのでそうなんですが)、また今度機会があればフランクフルトなども行ってみたいなぁという感じです。

とりあえず今回も筆者は日本食を食べにいきましたので、おすすめレストランをご紹介しておきます。

ベルリンの日本食ならOn No Ya ISHIN(一心)

ドイツ料理はいまいちだったわけですが、ベルリンの日本食はそこそこかも?とぱっと見は思わせるクオリティでした。

確かにごはんはそこそこ美味しい、味噌汁もうまい、鳥もうまい、漬物もうまい・・・けれどサラダがわさびドレッシングがききすぎていて途中で食べるのを断念しました。 正直この店のサラダにはドレッシングなしがオススメかもしれません。

一心はベルリンに何店舗かあるようでしたので、ベルリンにきて日本食が恋しくなったらいってみてもいいかもしれません。値段も良心的です。

筆者は現地に行ったからと行って特に現地料理をそこまで食べようとは思っていない感じです(笑)一応夜日本食の時は、昼に現地のご飯を食べることにしています。

正直ドイツはそこまでご飯が美味しいという感じではありませんでしたので、まあちょくちょく日本食を食べながら旅行していました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!