北京で現金は必要?タクシーやホテルは現金払い可能?旅行や出張予定の方向け注意事項

北京で現金は必要なのでしょうか?

中国で現金は絶対あった方が良い

人民元

結論からお伝えすると、現金はあった方が良いです。また、銀聯カードがあると尚便利かと思われます。

銀聯カードは、中国への出張や旅行で便利に使えるショッピング専用カードで、中国の大都市から地方都市まで、2,000万店以上の銀聯加盟店で利用が可能です。筆者も上海や北京、天津や深センなどの旅行時でも銀聯カードは使えるところが多かったです。

銀聯カードは三井住友VISAカードの発行で年会費無料で手に入れることができますが、三井住友VISAカードは年会費有料です。ただしここには裏技があり、三井住友VISAカードが発行する年会費無料のBooking.comカードの発行と同時に銀聯カードを申し込めば、銀聯カードも無料で手に入れることができます。

筆者はこの方法で銀聯カードを手に入れましたので、おすすめです。

Booking.comカードの公式サイトへ

銀聯カードの詳しい口コミへ

なお、中国では日本のクレジットカードは結構使えませんので、それが不安な方はプリペイドカードのNEOMONEY銀聯カードを発行するのもおすすめです。事前に銀聯カードの準備をしておくと、向こうでも困ることが少なくて安心です。

公式サイト:https://www.neomoney.jp/

NEOMONEY銀聯カードの詳しい口コミへ

中国は意外にも現金社会で日本のクレカが使えない

クレジットカード

キャッシュレス社会と言われることもある中国では意外と思われるかもしれませんが、意外と北京や上海では、日本のクレジットカードで支払える場所が多くない印象でした。

例えば、WechatやAlipayなどでは当然支払えます。QRコードも多数に見つけられますので、本当にQRコード決済が街中に普及していることがわかります。

ただし、日本のクレジットカードでは支払いができない場所が多数でした。例えば、北京から市内へのエクスプレス鉄道も、現金のみの25元でした。また、北京から天津に行った際は、天津の観光地では冒頭にお伝えした銀聯カードでは支払えるのですが、日本のクレジットカードでは支払いができませんでした。

中国ではタクシーはアプリを利用するのがおすすめ

タクシー

筆者は今回の中国旅行では、「didi taxi」のアプリを事前に日本でダウンロードして、クレジットカード情報を登録してから訪問しました。

実際現地についてからではwifiの問題でうまくダウンロードできない場合やクレジットカードが登録できない場合などもありますので、あらかじめ日本でダウンロードしておくのがおすすめです。

ちなみに日本はUberやAirbnbなど、シェアリングエコノミーに対す規制が激しいですが、中国ではちゃくちゃくとシェアリングエコノミー市場が発展しています。中でも有名なのはDidi Dache(嘀嘀打車)で、Didi Dache(嘀嘀打車)は以前はKuaidi Dache(快的打車)と競争していたのですが、それが合併して、今では中国で一強です。

そしてついにUberも中国で使えなくなってしまいましたので、タクシーアプリはDidiに依存するしかありません。

(2019年12月追記)現在中国では、中国版のdidi taxiアプリをダウンロードしないと使えないようです。さらに中国の銀行口座が必要なようですので、タクシーは基本的に現金払いでした。なお、Alipayが観光客である外国人向けにサービスの提供を始めたようですので、Alipayをダウンロードしておくと便利かと思われます。

中国の街中(北京)でdidiタクシーを拾うのにも一苦労

タクシー

今は変わっている可能性が高いですが、筆者が訪問した際はDidiの需要に対して、供給が全く追いついていなませんでした。街中は車で溢れ渋滞もすごく、場所によってはかなりのお金を上乗せしないとタクシーを呼べなかったりしました。

タクシーは初乗り13元なので日本より安いのですが、北京市内は交通渋滞が酷すぎて、道でタクシーを拾うのもアプリで拾うのも大変でした。特に、三里屯からの帰りのタクシーは拾うのが大変すぎるので、少し離れたところまで歩かないと拾えません。。

そしてWifiスポットは少ないので、あらかじめwifiは借りておいた方がよいです。おすすめのwifiレンタルは、グローバルWiFiです。グローバルwifiであれば空港で返却できますので、大して荷物にもなりません。

中国に行くとLINEやFacebook、Googleなどが使えません。グローバルwifiでVPN接続ができるため、それらのツールが使えますので、中国旅行の際にはwifiを持参されるのがおすすめです。

グローバルWiFiの公式サイトへ

北京や天津ではシェアリングエコノミーが台頭

また、北京や天津では、自転車のシェアリングエコノミーが台頭しています。

どうやらofoは北京大学の学生ベンチャーらしいのですが、街中で使われまくっています。なんと30分が0.5元ですので、大体1時間乗っても20円ぐらいです。

こちらも支払いはWechatのQRコードで簡単に決済できます。 Wechatで決済すると、自転車の鍵が開いて使える仕組みです。ただし、色々と自転車を川に捨てられたり、部品を盗まれたりと問題も起きているようです。

以前は1日2000万台利用されていたようですが、色々と問題が出始めているフェーズではあるようです。

ちなみに物価の面に関しては、観光地ではカフェのジュースが1杯40元程度だったり、中々高いです。 家賃も東京より高いようですし、もはや北京旅行は東京旅行より高いかもしれません。

豊かになった北京をしみじみと感じる

今回は7年ぶりの北京だったのですが、まず感じたのは、北京は豊かになったということです。

物価は上がり、街は綺麗に整備され、地下鉄は発達し、街を歩いている人々はオシャレになりました。北京にはすでに東京よりも発達している部分もたくさんありました。

ですが、そのような急速な発達の結果なのか、空気はかなり悪くなっていましたので、現地では特製マスクを友人に貰いました。 僕が滞在していた時はたまたま空気も良い方で、PMは大体70ぐらいだったのですが、やばい時はPM300ぐらいまでいくらしく、もはや空気が目に見えてヤバイそうです。

渋谷のスクランブル交差点がPM50ぐらいらしいので、PM70ぐらいなら許容範囲な気はします。

北京・天津旅行の感想まとめ

北京旅行

筆者が天津や北京を観光した日はたまたま曇りでしたが、帰国日はめちゃくちゃ晴れていたので、上手く晴れの日にあたればとても空気も良く、もっと綺麗な景色が見えるかもしれません。

北京で天津でも、電車の中でスマホをしている人をよく見かけました。 中国人は日本人と同じように電車内の至る所でスマホをしています。

すさまじい勢いでのスマホの普及、Wechatの普及、それに伴う決済手段の普及を感じました。 ただ、天津ではすさまじく日本のクレカが使えなかったので、旅行に行かれる際は注意が必要です。

天津の観光地でも基本的にwechatや銀聯カードしか使えないことが多いので、泊まるホテルや高級店以外は、ほぼキャッシュ払いと考えた方が良いように思います。

確かに中国で決済手段は普及しているんですが、それはWechatやAlipay、銀聯カードを保有する中国人のためのインフラであり、外国人観光客にはそんなにまだ優しくないように思いました。まだ銀聯カードをお持ちでないようでしたら、Booking.comカードの発行か、NEOMONEYを持っていかれるのがおすすめです。

Booking.comカードの公式サイトへ

 

NEOMONEY銀聯カードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!