アメックスプラチナカードとセゾンプラチナの違いを比較!どっちが良い?

アメックスのプラチナカードには、アメックスプラチナカードと、セゾンプラチナビジネスアメックスのプラチナカードがあります。

前者の年会費は14.3万円もするため、一般人にはハードルが高いプラチナカードですが、その分ステータス性のあるカードと言えるでしょう。

ただし、基本的に多くの人にはその違いはわかりませんし、そこまでの特典がある訳でもないと筆者は考えていますので、個人的には年会費2.2万円のセゾンプラチナビジネスアメックスで十分かなと考えています(笑)

筆者自身もセゾンプラチナビジネスアメックスの方を愛用していますので、今回はアメックスプラチナカードの発行条件やメリット・デメリットについて確認しながら、両者を比較して紹介していきます。

アメックスプラチナカードの発行条件とは

以前は、アメックスプラチナカードは直接申し込みができないプラチナカードで、入手するためにはアメックスの会社から「あなたはプラチナカードを持っても構わない」と認められた認証である、招待状を受け取らなければなりませんでした。

ですが、今では年会費14.3万円を払えばアメックスプラチナカードを入手することができます。ただし、審査はあります。アメックスプラチナカードの条件は年々変化していると言われており、今ではそこまで厳しくないとも言われています。

以前はアメックスプラチナカードの招待状を入手するためには、その審査対象であるアメックスゴールドカードを利用しているのが前提条件となりました。このゴールドカードを定期的に利用することで、アメックスプラチナカードにふさわしい人物かどうか判断してもらえるスタート地点に立つことになりました。

積極的にアメックスゴールドカードを利用し、しっかりと支払いをすることで認めてもらえる可能性が増しましたが、今はどちらかというとこの高額の年会費を払えるかどうかが重要です。

アメックスプラチナカードのメリット

アメックスプラチナカードは、ステータス性があることに加えて、24時間365日対応してくれるプラチナコンシェルジュデスクのサービスが受けられます。

コンシェルジュデスクのサービスでレストラン手配が可能

そのため、何か問題があったとしてもすぐにコンシェルジュの助けが受けられるため、トラブルに巻き込まれても安心です。

このメリットは年会費の大半を占めるとも言われており、レストランの手配などをお願いすることも可能です。レストランの手配は普段入れないような会員制のお店に入ることができたり、カード保有者の食事料金が無料になったりする特典があり、こちらはセゾンプラチナビジネスアメックスでは得られないメリットです。

ホテルの上級会員になれる

ホテルの上級会員になれるというメリットもあります。こちらはセゾンプラチナビジネスアメックスでは得られないサービスです。

マリオットボンヴォイゴールドエリート会員、クラブカールソンゴールドエリート会員、ゴールデンサークルジェイド会員、ヒルトンオナーズゴールドエリート会員など、初めて泊まるホテルであったとしてもVIP待遇が受けられるというメリットがあります。

例えば、部屋が無料でアップグレードされたり、オリジナル特典やレイトチェックアウトが可能になったり、朝食が無料になるということもあります。カードを更新すれば、一泊の無料宿泊券がもらえるというのも大きなメリットだと言えるでしょう。

空港ラウンジサービスが同伴者1名も無料

さらにアメックスプラチナカードでは、充実した空港ラウンジサービスが受けられます。

利用無制限のプライオリティーパスとなり、日本全国の国内空港ラウンジ、そしてデルタ空港専用空港ラウンジが無料で利用できてしまいます。

アメックスプラチナカードの場合は、同伴者1名も無料でラウンジに入れますので、これらの点はセゾンプラチナビジネスアメックスでは得られない大きなメリットです。

アメックスプラチナカードのデメリット

一方で、アメックスプラチナカードのデメリットを紹介します。

年会費が143,000円と高い

アメックスプラチナカードはどうしても年会費が高いというデメリットがあります。

年会費は143,000円であり、極めて高いと言えるでしょう。ここまでの年会費を出すだけの支払いを日常的にしているのであれば良いですが、高いと感じてしまう人も多いと言われています。

月額1万円とはなりますが、それであれば年会費2.2万円のセゾンプラチナビジネスアメックスで十分かなと考えています(笑)

メールで問い合わせができない

コンシェルジュデスクは電話でのみ対応しているため、メール等から問い合わせができず不便だということがあります。

電話ができる状況であれば良いですが、必ずしも電話ができる状態にあるとは限らないですよね。ただし返事はメールでもらえます。

ANAのマイル移行上限がある

ANAのマイル移行上限があるということもデメリットの1つだと言えるでしょう。

ANAマイレージクラブには年間40,000マイルが移行できますが、それ以上は移行できません。残ったポイントはANA SKYのコインに交換したり、ポイントでの支払いに使ったりすることができます。

アメックスプラチナカードとセゾンプラチナビジネスアメックスとの違い

続いて、アメックスプラチナカードとセゾンプラチナビジネスアメックスの違いを紹介していきます。

年会費の割引があるかないか

まず、アメックスプラチナカードの年会費は143,000円ですが、セゾンプラチナビジネスアメックスの年会費は22,000円になります。

さらに、セゾンプラチナビジネスアメックスの場合は、年間200万円以上買い物をすれば翌年の年会費が11,000円になります。また、セゾンプラチナビジネスアメックスであれば、法人口座からの引き落としも可能です。

ホテルの上級会員や空港ラウンジが同伴者も無料かどうか

ただし、ホテルの上級会員になれるという点や、空港ラウンジが同伴者も無料という点などは、アメックスプラチナカードならではのサービスだといえます。

セゾンプラチナビジネスアメックスも、プライオリティカードを発行すると空港ラウンジを利用できますが、ホテルで上級会員になれるというメリットはついていません。これはアメックスプラチナカードの特徴だといえます。

セゾンマイルクラブでJALマイルと永久不滅ポイントがお得に貯まる

ただし、セゾンプラチナビジネスアメックスであればセゾンマイルクラブに加入できます。

JALのマイルと永久不滅ポイントが両方同時に貯められるため、飛行機で旅行に行く方や出張が多い方などで、ステータス性を求める方にはおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの公式サイトへ

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

アメックスプラチナカードがおすすめな方

アメックスプラチナカードがおすすめな方は、国内での高級ホテルや高級レストランに、誰かと一緒によく行く方と言えるでしょう。

さらに、海外旅行に行く場合は空港でのラウンジが利用できますし、旅行や出張先のホテルでVIP待遇が受けられ、かつマイルが貯まるという点でも、アメックスプラチナカードはおすすめです。

筆者は特に一緒に行く人が現段階ではいないのでアメックスプラチナカードを持つほどでもないのが現状です(笑)

お得にJALマイルや永久不滅ポイントがたまることに加えて、年会費割引もありますので、筆者個人的には引き続きセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードを利用する予定です。

セゾンビジネスプラチナアメックスの詳しい口コミへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!