アメックスビジネスゴールドとセゾンプラチナビジネスアメックスを比較!おすすめはどっち?

アメックスビジネスゴールドカードの特徴やメリット、デメリットを口コミと共にご紹介します。

筆者はセゾンプラチナビジネスアメックスを愛用していますので、そちらのプラチナカードと比較した感想も合わせてお伝えできればと思います。

アメックスビジネスゴールドの審査

ビジネスゴールドカード アメリカン・エキスプレス

アメックスビジネスゴールドを発行するためには、いくつかの条件があります。

アメックスビジネスゴールドの発行条件ですが、大まかな決まりはありません。そのために、まだ立ち上げたばかりの法人であったり、個人事業主であっても、アメックスビジネスゴールドを発行することが可能です。

起業歴や個人、法人などは関係なく、アメックスビジネスゴールドを作成することができます。個人事業主の方がアメックスビジネスゴールドを発行する場合、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書、そして、法人が発行する場合はそれらに加えて、商業登記簿謄本または、 登記事項証明書の提出が必要になります。

これらは、ネット上ですべてできるため、必要事項を書き、書類をアップロードするだけで良いので手軽に申し込むことが可能でしょう。

アメックスビジネスゴールドのメリット

クレジットカード

アメックスビジネスゴールドは法人が審査に通過しやすい

アメックスビジネスゴールドのメリットとして、法人がクレジットカード会社に申し込む際、審査に通過しやすいという点になります。

その他のカードと比べて、アメックスビジネスゴールドは法人の審査通過率が7割近くと、他社よりも高い通過率を誇ります。ビジネス年数に関係なく、始めたばかりの会社であっても、アメックスビジネスゴールドならば、審査に通りやすいのがメリットです。

アメックスビジネスゴールドを使えば使うほどお得

アメックスビジネスゴールドは、利用すれば利用するだけ特典があります。

例えば、入会1年以内にカード利用額200万円を超えた場合、30,000ポイントが加算されます。クレジットカードで支払うことが多いというのであれば、アメックスビジネスゴールドはそれだけ特典を得やすいでしょう。

カード利用額に制限がなく使うことができる

アメックスビジネスゴールドはカード利用額の制限がないために、クレジットカードを使った月々の支払金額が高い人の場合、それだけメリットを感じられます。

ただ、利用額は審査によって決まるために、いくらでも使い放題というわけではありません。それでも、上限100万円などの制限がない分、利用しやすいのがアメックスビジネスゴールドのメリットになります。

アメックスビジネスゴールドのデメリット

ゴールドカード

年会費が34,100円かかる

アメックスビジネスゴールドは年会費として税込み34,100円という料金がかかリます。

そのため、あまりカードを利用しない人にとっては、作っただけで損をしてしまうかもしれないのですが、よく利用するという場合にはボーナスが還元されるため、利用する価値が高いです。

ただし、冒頭にご紹介したセゾンプラチナビジネスアメックスであれば、年会費は22,000円です。さらに年間200万円使えば翌年度の年会費は11,000円にまで抑えられます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの公式サイトへ

セゾンビジネスプラチナアメックスの口コミへ

ポイント還元率が若干少なめ

アメックスビジネスゴールドはポイント還元率が0.3%ということもあり低いです。

そのため、還元率が常に1%以上ほしいという人には厳しいかもしれません。それでも、マイル還元率は最大で1%なので、飛行機を頻繁に利用する人に適しているでしょう。

リボ払いにしてしまうと返済が大変になることも

アメックスビジネスゴールドは、手軽にリボ払いに切り替えることができます。そのために、間違ってリボ払いに切り替えてしまうとマイナスです。

リボ払いにすると毎月の返済金額は少なくなりますが、返済するまでにかなりの時間がかかりますし、金利分の返済も必要です。そのため、リボ払いはなるべく使わない方が良いでしょう。

アメックスビジネスゴールドとセゾンプラチナビジネスアメックスとの違い

【公式】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード|クレジットカードのセゾンカード

年会費はセゾンプラチナビジネスアメックスの方が安い

アメックスビジネスゴールドとセゾンプラチナビジネスアメックスでは、年会費に違いがあります。前者は年会費が34,100円(税込)、後者は年会費が22,000円(税込)となっているのです。

そして、セゾンプラチナビジネスアメックスは、年間200万円以上のカード利用者は次年度本会員年会費が10,000円になります。

期間限定で最大15%還元されるセゾンプラチナビジネスアメックス

アメックスビジネスゴールドとセゾンプラチナビジネスアメックスの大きな違いは、ポイント還元率です。マイルに関してもセゾンプラチナビジネスアメックスであれば、1.125%の還元率を享受できます。

期間限定ですが、最大15%還元されるのがセゾンプラチナビジネスアメックスなので、お得にポイントを貯めたい人に最適でしょう。

入会資格がしっかりと明記されている

セゾンプラチナビジネスアメックスはアメックスビジネスゴールドと違い、公式サイトで入会資格がしっかりと明記されています。

アメックスビジネスゴールドは入会資格や条件などは詳しく書いていませんが、セゾンプラチナビジネスアメックスは、個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)と、条件を定めています。

アメックスビジネスゴールドの評判

評判は良いものの、中には楽天プレミアムカードの方が還元率が高いため、コスパが良いとの意見もあるようです。

楽天プレミアムカードの公式サイトへ

楽天プレミアムカードの口コミへ

アメックスビジネスゴールドがおすすめな方

プラチナカード

アメックスビジネスゴールドがおすすめ方は、アメックスビジネスゴールドのステータスが欲しい方かと思われます。

特に、200万円以上を年間カードで支払いするという人であれば、アメックスビジネスゴールドならば30,000ポイントのボーナスの還元があるなど、多くの特典を受けることができるのです。ただし、年会費などのコストパフォーマンスについては、セゾンプラチナビジネスアメックスの方が圧倒的に高いです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードの公式サイトへ

なお、アメックスビジネスゴールドは審査が通過しやすいという特徴があり、立ち上げたばかりの法人、個人事業主として生計を立て始めたばかりという方でも、審査に通りやすいのです。そのために、できるだけカード審査に落ちたくないという方にも、アメックスビジネスゴールドはおすすめできるでしょう。

アメックスビジネスゴールドの申し込み方法

American Express card - カードご入会お申し込みページ

アメックスビジネスゴールドへの申し込み方法ですが、公式サイトのカードお申し込みページを開きます。法人代表者 or 個人事業主としての申し込みが選べますので、該当の方を選択します。

その後、まずは個人情報を記載します。お名前、会社名、勤務先情報、年収などの情報を記載します。

そして、個人なら身分証明書、法人ならば身分証明書と商業登記簿謄本などをサイト上の指定項目にアップロードします。審査に合格すると、自宅にカードが郵送にて送られてくるため、引き落とし口座の設定を行ってください。

こちらでクレジットカードの発行が完了します。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!