AmazonMastercardゴールドを評価!メリットとデメリットを三井住友VISAゴールドと比較

AmazonMasterCardゴールドは、Amazonプライムが無料付帯のゴールドカードです。

ポイント還元率は常時1.0%で、Amazonでは2.5%と高還元率です。筆者もAmazonヘビーユーザーですのでAmazonMasterCardゴールドの発行を検討していました。

そこで今回はメリットとデメリットを検討した結果、発行がおすすめな方などをご紹介します。

AmazonMasterCardゴールドとは?特徴を解説

Amazon Mastercardゴールド(最大2.5%ポイント還元)」は、三井住友カード株式会社が発行している「Amazonでポイント還元率2.5%」が特徴のゴールドカードです。2.5%の還元率は他のゴールドカードと比較しても高還元率なため、Amazonユーザーから人気です。

また、Amazon以外でカードを使う場合も常時1.0%でポイントが付くので、Amazon特化ではないところが人気の秘訣でもあります。ポイントプログラムはAmazonポイントなので、貯まったポイントはAmazonのお買物で「1PT=1円」で使うことができます。

その他、空港ラウンジや国内海外旅行保険などゴールドカードの定番な付帯サービスがしっかり付いているため、全体的にスペックは十分に魅力的な仕上がりです。

AmazonMasterCardゴールドの口コミ

上記のようにAmazonのクレジットカードに関しては良い口コミが多いです。

Amazon Mastercardゴールドのメリット

Amazon Mastercardゴールドはポイント還元率の高さが一番のメリットですが、他にも注目しておきたい付帯サービスがあります。

ちなみに還元率に関しては、全ゴールドカードのポイント還元率は0.5%が平均なため、1.0%前後の還元率があれば十分に高還元率です。

メリット①:ポイント還元率が1.0%と2.5%で固定されているのが嬉しい

クレジットカードによっては、ポイントの使い道によって還元率が変動するタイプがあります。

ですが、Amazon Mastercardゴールドは1ポイントの価値(円)が1円と決まっているため、ポイントの使い道で還元率は変化しません。

また、特約店などのポイントUPがいろいろと用意されているわけではなく、「Amazonで2.5%」・「Amazon以外は1.0%」と還元率が固定されているのでポイントシステムが分かりやすいです。

ポイントの使い道も「Amazonの支払に使う」しかないので、使い道を考える必要がないのも便利です。

メリット②:Amazonプライム特典を使い放題

Amazon Mastercardゴールドを所有すると、Amazonプライム特典が使い放題となります。

通常、Amazonプライムは「月間プラン:月額500円(税込)」の「年間プラン:年額4,900円(税込)」です。金銭的にメリットを考えるなら、Amazon Mastercardゴールドを持つと年間4,900円が無料になるため、とくにAmazonユーザーのかたは魅力を感じやすいと思います。

メリット③:付帯保険も高額補償で安心

Amazon Mastercardゴールドの付帯保険は「国内旅行保険」・「海外旅行保険」・「ショッピング保険」の3種が付いています。

国内旅行保険と海外旅行保険は最高5,000万円の補償額、ショッピング保険は最高300万円です。3種とも高額補償で保険が付いているため、ゴールドカードならではのメリットもしっかり反映されているのは嬉しいですね。

Amazon Mastercardゴールドのデメリット

Amazon Mastercardゴールドは、スタンダードなゴールドカードに高還元率なポイントが付いているといったスペックなので、気になるほどのデメリットはとくにありません。

ただし、名称からも少なからずAmazonで使うことを前提として作られているため、Amazonを利用しない方はそこまでメリットがないとも言えます。

デメリット①:年会費は税込11,000円

Amazon Mastercardゴールドの年会費は11,000円(税込)なので、年会費の安いゴールドカードを作りたいかたは選びずらいです。

この11,000円(税込)のお値段はゴールドカードの中でも平均的な金額なので、Amazon Mastercardゴールドの年会費自体は相場どおりです。

デメリット②:割引や優待などの特典がない

Amazon Mastercardゴールドは割引や優待などの特典がないため、いろんなお店でお得に買い物したいかたは作りずらいかもしれません。

しかし、Amazonプライム無料とAmazonで還元率2.5%があるので、これらの特典をフル活用してお得なキャッシュレス生活を送りたいところです。

デメリット③:Amazonを利用しない方は作りずらい

Amazon Mastercardゴールドを作るなら、やはりAmazonを利用してメリットを活かさなければ勿体ないです。

Amazon以外でもポイント還元率が1.0%というメリットもありますが、これだけを目的に作るなら還元率1.0%の他のゴールドカードでも良いと思います。

Amazon Mastercardゴールドと三井住友VISAゴールドカードとの違い

Amazon Mastercardゴールドは三井住友カード株式会社が発行しているため、同社でゴールドカードを検討しているかたは、三井住友VISAゴールドカードとの違いも気になるところだと思います。

スペックに関して最も大きく異なるのがポイント還元率で、三井住友VISAゴールドカードは常時0.5%です。ポイントUPモールやココイコなどのポイントUPを駆使すれば還元率を高められますが、これらを使わない場合は0.5%に留まります。

また、1ポイントの価値(円)が決まっておらず、ポイントの使い道によって変動することからも0.5%を切るケースもあります。

三井住友VISAゴールドカードもAmazon Mastercardゴールドも年会費は11,000円(税込)と同じなので、お店を問わずにカードを使うことを想定しても還元率を重視するなら常時1.0%のAmazon Mastercardゴールドがおすすめです。

ただし、ステータスの面だけを考えると、三井住友VISAプライムゴールドカードの方が、持っていてカッコ良い感はあると言えるでしょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトへ

三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミへ

Amazon Mastercardゴールドがおすすめな方

Amazon Mastercardゴールドは、通販サイトで買い物する際にAmazonを利用するかたにおすすめです。

もし、楽天市場やYahoo!ショッピングなど他の通販サイトを利用しているなら、Amazon Mastercardゴールドを発行後にAmazonに乗り換えましょう。

また、Amazonプライムを利用したい人でゴールドカードを作りたいというかたにも「Amazon Mastercardゴールド」はおすすめです。

Amazon Mastercardゴールドのお申し込み方法

Amazon Mastercardゴールドは、Amazon公式サイトから申し込むことができます。Amazonのアカウントを持っているかたなら、ログイン後にそのまま申込フォームへ進むことができるのでスムーズです。

申し込むときは、入力情報を間違えないように注意してください。氏名や住所などの簡単な情報を間違えるだけでも発行されないため、丁寧に確認しながら申し込みを進めることが大切です。

各種必要情報を入力し、審査に通ればカードが発行され、後日自宅に届きます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!