イオンSuicaカードの評判は悪い?審査は厳しい?イオンカードセレクトと比較

イオンカードには様々な種類があります。

筆者の場合はキャッシュカード・クレジットカード・電子マネーの3点がセットになった、イオンカードセレクトを使っています。そこで今回は、年会費無料のイオンSuicaカードの特徴について、イオンカードセレクトと比較しながらご紹介します。

イオンSuicaカードとは?特徴はSuicaの機能がついた点

イオンSuicaカード』は、名前の通り、JR東日本のICカードであるSuicaの機能がついたカードです。そのため、駅ナカでもスマートにお買い物ができるので持っていると非常に便利です。

また、他のイオンカードと同様に年会費は無料になっています。WAONのオートチャージ機能もついてくるので、定期的に電子マネーをチャージする必要がなく、快適に利用ができるメリットがあります。

イオンカードとしての機能もついているため、毎月20日、30日の「お客様感謝デー」では、イオン系列のお店で5%OFFの優待が受けられます。イオンが近くにある人や、駅チカなどでお買い物をする人は持っていて損はないカードです。

イオンSuicaカードのメリット

続いて、イオンSuicaカードのメリットをひとつずつ紹介していきます。

ApplePayのSuicaに対応している

通勤通学でSuicaを利用している人は、ApplePayを併用している人も多いのではないでしょうか。

手持ちのiPhoneをSuicaとして使えるのでとても便利ですし、スマホなら絶対に持ち歩くので利用しやすいと思われます。ただし、iPhoneの充電が切れた際には注意が必要です。

モバイルSuicaが年会費無料で利用可能

イオンSuicaカードの場合は、モバイルSuicaを無料で利用ができます。そのためSuicaがさらに便利になるので、是非利用してください。

Suicaへのオートチャージが可能

Suicaの入金残高が一定金額以下になると自動でチャージしてくれるので、わざわざチャージしなくてもいいのがとても魅力です。

自動改札機にタッチするだけでオートチャージができるので、お金が足りなくて改札でとめらることはありません。

イオンSuicaカードのデメリット

家族カードが発行できない

イオンカードはファミリー向けのクレジットカードとなっており、1家族3人までなら家族カードが発行できるのですが、残念ながらSuicaカードは家族のカード対象外となっています。

単体だとWAONが利用できない

残念ながらイオンSuicaカードはWAON一体型ではないため、使えません。また、楽天Edyやnanacoなども非対応なので、電子マネーをメインに使いたい人にとっては使い勝手が悪いです。

ポイント還元には期待できない

イオンカードのときめきポイントはお得なサービスですが、イオングループ対象店舗になると200円ごとに1ポイントしか獲得できません(=還元率0.5%)。そのため、家の近くにイオン系列の対象店舗がないとポイントの還元率は非常に悪いです。

イオンカードセレクトとイオンSuicaカードとの違い

イオンSuicaカードと同じようなカードで、イオンカードセレクトというものがありますが、決定的に違うのは、電子マネーWAONがついていることです。この機能がSuicaカードにはついていません。

イオンカードセレクトは一体型なので、WAONカードの発行手数料の不要でイオン銀行の普通貯金金利の上乗せが自動的に適用されます。Suicaの機能が必要がないという人はイオンカードセレクトの方を選択すると使いやすいです。

特に電子マネーのWAONを良く使うなら、『イオンカードセレクト』の方が良いでしょう。ただし、海外旅行保険がイオンカードセレクトに付帯していないので、海外旅行へ良く行くという人は『イオンSuicaカード』の方をおすすめします。

イオンSuicaカードがおすすめな方

どんな人におすすめなのかというと、まずイオングループのお店を良く利用する人です。

上記でも紹介しましたが、イオンの店舗で買い物をしないとポイントの還元率が非常に悪いため、イオンでよくお買い物をするという人におすすめします。

また、JRなどの電車に良く乗る方にも良いでしょう。改札口にかざすだけでOKなので、券売機で切符を買う必要はないです。かざずだけでOKですし、お金がある一定以下になったら自動的にチャージしてくれるので、Suicaにお金がなくなることもありません。

さらに、年会費が無料なので、年会費がない使いやすいカードを探している方にはぴったりです。Suicaを良く使う人やイオン系列の店舗家の近くにある方などにおすすめです。

イオンSuicaカードのお申し込み方法

イオンSuicaカードは、申し込みもPCやスマホから簡単にできるので、カードが欲しいと思った人におすすめです。

まず、こちらから『イオンSuicaカード』の新規入会募集公式ページへアクセスします。そして、「申し込みボタン」を押します。

その後、入力フォームがあるので必要な情報をすべて入力していきます。この入力はどんなカードを作るときにも絶対に必要ですので、そこまで難しいものではありません。

すべて入力を完了させするのに3〜5分程度です。そして、国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBのいずれかを選びます。筆者のおすすめはVISAかMasterCardです。

そして、入力した内容に基づいてカード発行の審査が行われますが、審査はそこまで厳しくないといわれています。安定した収入があり、今まで返済事故などを起こしていないならほぼほぼ大丈夫と言えるでしょう。

イオンSuicaカードの公式サイトへ

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!